さぽろぐ

  文化・芸能・学術  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


2017年04月22日

教育勅語


§教育勅語の成立過程 ①伝統的な日本的儒学 江戸時代の学問は儒学が中心にあり、その後に続く日本的儒学は藤原惺窩の「朱子学」に始まった。惺窩に推挙されて徳川家康の侍講になった林羅山は、仏教は虚学であり、朱子学を実学とした。代々林家が大学頭となった昌平坂学問所(昌平黌)は最高学府であり、朱子学が正学として諸藩校の模範となった。「教育ニ関スル勅語」の草案作成に中心的な役割を果たした元田永孚は、明治4年に宮中に召され、以後、20年に渡り天皇の近くに仕えて啓沃に当たり、君徳を醸成し、帝王学を教授した。永孚の考える立憲君主制下の教学は、朱子学を基礎とし、皇国思想に仁義忠孝を基本とし、行き過ぎた欧化教育を批判したが、西欧文化の長所の享受を否定するものでは無かった。永孚の考える教学は、勅令によって編纂された「幼学綱要」に見ることが出来る。「幼学綱要」は、孝行、忠節、和順、友愛、信義、勤学、立志、誠実、仁慈、礼譲、倹素、忍耐、貞操、廉潔、敏智、剛勇、公平、度量、識断、勉識を20の徳目に掲げ、孝経・五経・四書で解し、それを和漢の道徳的事跡を例に説明したもので、国民の守るべき道徳として明治天皇自らも宮中で講義された。 ②教育勅語渙発までの経緯 近代的な中央集権国家の建設を急いだ明治政府は学制を公布し、教科書の出版を急いだ。欧米文化が尊ばれた時代に福沢諭吉の「西洋事情」などの啓蒙書や米国のウィルソン・リーダーなどの輸入教科書が多用され、日本には馴染まない内容も多かった。明治11年に明治天皇は東山北陸東海の各校を御叡覧し、洋風化を競う学風に憂慮され、元田永孚をして教学の方針を示した(聖旨教学大旨)。また、政府も自由民権運動の激化にそれまでの欧化主義を改めようと考えた。こうして翌12年には教育令が公布され、仁義忠孝に基づく儒教的皇国思想へと教育方針が変更され、明治15年には天皇の勅命によって国民が守るべき道徳を説いた「幼学綱要」が編集された。初代文部大臣の森有礼は、万世一系の国体と忠君愛国の精神に基づく教育改革に取り組んだが、途中で死去してしまう。天皇は明治19年10月に東京帝大へ御臨幸した際、大学は人材を育てるところであるから修身を拡充するよう喩旨され(聖喩記)、また、同20年5月に所管内を視察した北垣国道京都府知事は、宮中へ徳育に問題があって国民教育の根本として最も重大であると復命した。この頃、地方長官の間でも行き過ぎた西欧思想教育を見直そうとする機運が高まり、帝国憲法の公布を前に石井省一郎岩手県知事ほか有志たちは、日本的な国民道徳・徳育の方針を文教の立場で確立すべきとの運動を展開した。そうして明治23年2月の地方長官会議において『徳育涵養ノ義ニ付建議』が決議され、山県有朋内閣へ提出されて、御前会議で“教育上の箴言”を編纂せよと天皇が沙汰したことで消極的な榎本武揚文相は更迭され、芳川顕正が就任した。こうして山県、芳川、元田に井上毅法制局長官が加わり、井上案を基本に元田が中心となって草案が煉られた。明治23年10月30日にいよいよ山県総理と芳川文相が宮中へ召されて天皇の御言葉としての『教育ニ関スル勅語』が下賜され、それは政治的宗教的な要素を避けつつ、哲学論ともならないように熟考されたものであった。 【教育勅語の十二の徳目】 孝行、友愛、夫婦ノの和、朋友ノの信、謙遜、博愛、修学習業、智能啓発、徳器成就、公益世務、遵法、義勇 ベースボールを扱った「ウィルソン・リーダー」の意訳本、「万国奇談」では、旧約聖書のアダムとイブやノアの洪水などが紹介されている。
第405号  教育勅語の成立過程      北海道の歴史,北海道の文化,北海道文化財保護協会,http://turiyamafumi.kitaguni.tv/   

2017年04月16日

三平汁と石狩鍋




〇身近な伝統食 先だって某観光ホテルに宿泊したときに「三平汁」と称してサケ汁を客に提供していた。味噌仕立てか、そうでないかは別にして、サケは「石狩鍋」であり、『本来の三平汁は、漬けたニシン(冷温に保てなかった昔は、生が傷んで酸味があり、また、保存用に付け込んだ)を使いますヨ』と、そっと教えてあげた。 さて、サケの伝統食と云うと塩サケだが、薄塩の「新巻」と「塩引」とは違う。「塩引」を何度も手返して漬け直し、熟成させたのが「山漬」だ。近年の健康志向で塩辛いものは敬遠されがちだが、聞くところによると網走の業者では、「山漬」の生産が追いつかない時もあるらしい。別海町西別の「山漬」は、徳川将軍家へ献上され、戦前は、カムチャッカの「あけぼの印(ニチロ)」の塩サケが有名だった。 明治30年頃の開拓の手引書に『春ニシンと、若ブキを一緒に煮て食べると美味しい。』とあり、湧別の入殖者が、越冬の食料に困り、川でチカを獲って食べたところ、『臭くて見てくれは悪いが、とても美味だった。』と伝えている。また、厳冬期に湖沼で釣れるオオマイ(大きなコマイのこと)の鍋は、たいへん美味しく、身近で当り前なところに伝統食は引き継がれている。昔は、この辺りの浜の労働者が、ホタテ貝柱(乾貝柱)を煮熟したときの残り汁をオニギリにつけて食べたりもした。 戦前の塩サケの製造 鮭鱒聚苑/s17年
第404号  三平汁と塩サケ      北海道の歴史,北海道の文化,北海道文化財保護協会,http://turiyamafumi.kitaguni.tv/   

Posted by 釣山 史 at 07:28Comments(0)北海道の歴史郷土の語り

2017年04月09日

森友学園問題

戦後の農地解放によって、強制的に買い上げられた国有農地は、全国各地に存在し、実際の管理は地方自治体である。中山間地や廃郷などに残るものが多いのだが、有休農地の利活用、売却を強く求められることがある。
これとは違うが、広大な有休地であったことに変わりがないのが森友学園の旧国有地である。
森友学園の国有地の売買問題であるが、私がかってに思うに次のことが考えられる。
・そもそも不良物件と分かったところで、金額にこだわらず、うまくどうにか処分したかった。
・その後に森友側からさらに埋却ゴミを指摘され、事故物件として損害を求められることを避けた。
・国民に対する不誠実な対応で、うまく処分しようとしたことを指摘されることが最も恐ろしい。
売れただけ儲けもの。多分、これが真実であろう。役人としては正しいのだ。

号外  
Posted by 釣山 史 at 12:35Comments(0)持論、討論