さぽろぐ

  文化・芸能・学術  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


2008年06月27日

渚滑村の開拓1

渚滑原野のあけぼの

 紋別郡渚滑村勢一斑/抜粋
 北海道開道五十年記念寫眞帖/大正7年

 第 二  沿  革
 前略 本村開拓の嚆矢は明治二十六年徳島縣人木村嘉長の單獨移住と新潟縣人堀川泰洋の一族四戸の現在の三線附近の移住とし翌二十七年九月高知縣人岩田宗晴の同所に移住小規模の製軸工場を開き越えて明治二十九年同氏の勸誘に依り徳島縣より二十二戸の團體移民の九線附近に入地するありてよく漸く農村を形勢せり明治参拾年五月高知縣人宮崎寛愛同縣より移民百八十戸を斜里村に移住せしむる目的にて紋別港に寄る時恰も渚滑原野區劃設定中にあり岩田宗晴の斡旋に依り目的地を本村に變更し今の中渚滑原野(十三線二十四線間)に入地開墾に従はしむ次で豊村品藏飯田嘉吉の一團十餘戸後志國余市方面より渡邊兵藏宇野作治郎の石狩國夕張方面より上渚滑原野(二十七線三十七線間)に移轉するありて開拓遽かに進めり明治三十一年秋渚滑川氾濫し人畜の死傷ありて被害多大なりければ一時移民の心膽を寒からしめ拓殖に一大支障を來すの憂を生じたるも翌々三十四年以後豊作相續き先住者の縁故に依る單獨移民續々増加し明治三十九年四百五十戸を算するに至り北海道二級町村制を布かる。略。
 第十一 牧  畜 
 本村の牧畜は農家が農業の傍ら副業として馬匹を飼育するを其主なるものとす往年豊村品藏専業に牧場を經營し牛馬約二百頭を飼養せるも當時肉類安價の時代にて遂に失敗に歸せり本村の馬は開拓の始め農耕用として土産馬數湧別方面より牽入たるに始まり 中略 畜牛は農家の副業として最も有利なる事業なるも其體軀動作は人の多く望まざる所以か當局の奬励する割合に發達せず 略。
 第十二 農  業
 本村の農業は明治二十七年に起り爾來二十五年地味気候共絶好の農業地たれば其進歩速やかにして網走支廰管内有數の農村を形成するに至れり開墾後二十五年を經たる今尚無肥料にて充分の収穫を得つ〵あり 略。
 附記 本村の主作物は未だ一定せず時價の變動に依り半歳異動を來す近時時局の影響に依り麥類著しく減少し菜豆、菀豆、馬鈴薯は殆と大半を占むるに至れり。


1.開拓初期のころ
 旧渚滑村への入殖のはじめは明治26年と云われ、同30年に渚滑原野が開放されてから本格的に開拓されることとなった。明治中期以降の北海道開拓は明治19年に北海道庁が置かれて「殖民地選定事業」が開始され、同23年から「殖民地区画」が始まると開発は暫時進み、同25年「団体移住規約」、同30年「北海道移住民規則」が制定されて団体入殖が明確に優遇されてからは、北海道への移住ブームを迎えることとなった。
 これについては明治27年から31年にかけてがひとつのピークで同30年には約6万4千人の移住者があり、この頃に既に「旧開地」と云われていた渡島・後志と石狩などの先進地が次第に飽和状態となり、また、先住者のさらなる発展を求めた再転住もあって、最奥地の北見地方にも入殖者が入るようになった。
 当時の状況については明治31年発行の「北海道殖民状況報文北見國」に詳しく、旧渚滑村の沿革を『渚滑ニハ舊來[アイヌ]ノ部落アリ明治廿七年以來原野ニ土地ヲ出願シテ農業ヲナス者相續キ又燐寸軸木製造所ヲ設ケ今後開拓ノ業大ニ興ラントス』とあり、さらに『新潟縣人 明治廿七年越後國中頸城郡ノ産堀川泰洋等十四名各々三万坪ノ貸下ヲ得テ開墾ヲナシ自作小作相交ハル二三ノ有力者アリ 徳島縣人 明治廿九年製軸所主岩田宗晴三十一万二千五百坪ノ貸下ヲ得テ徳島縣ヨリ小作二十一戸ヲ募集シ來ル當年ハ製軸所ニ勞役スレモ同三十年ヨリハ小作農業ヲナス筈ナリ』と紹介している。
 また、大正2年発行の「北見發達史」では開拓初期の旧渚滑村について『明治廿六年七月徳島縣人木村嘉長移住せるを始め廿七年岩田宗晴移住し製軸工塲を設く廿八年「ウブナイ」に新潟縣人堀川泰洋二十餘戸を率ひて移住してより 中略 三十年徳島縣人豊村品藏、飯田嘉吉等團体を率ひて移住し奮鬪成功を爲し 中略 大正二年に入れは二千戸以上の戸數に達すべしと云ふ而して帝國製麻は工塲を設置する爲め農家一戸に付き各五反歩宛亞麻の栽培を勤めつ〃あり殊に鐵道院の見込なりと云ふを聞く』と紹介している。


渚滑原野の開祖、木村嘉長の開墾小屋/明治
○主な原野の区画測設年(大正5年網走支庁拓殖概観より抜粋)
  明治30年  渚滑、上渚滑
  明示36年  タツウシ 
  明治40年  オシラネップ、滝ノ上、サクルー
  明治42年  渚滑字ウツツ(増)、上渚滑字オアフンペ(増)
  明治44年  オムサロ
○渚滑村の戸口
  明治28年     50戸            135人(北海道殖民状況報文)
  明治32年    345戸          1,641人(網走港)
  明治34年    328戸          1,345人(殖民公報)
  明治39年    450戸(村勢一斑) 2,300余人(北見発達史)
  明治44年    908戸          4,556人(北見繁栄要覧)
  大正 4年  1,649戸          7,629人(北見要覧)


渚滑原野の開拓風景/大正


第61回渚滑の開墾
北海道の歴史,北海道の文化,北海道文化財保護協会,http://turiyamafumi.kitaguni.tv/
  

Posted by 釣山 史 at 21:10Comments(0)紋別の歴史

2008年06月21日

オホーツク郷土文献目録

 ~オホーツク網走管内の町村史を除いた明治・大正の代表的な郷土文献の目録(改訂版)

①主要文献目録
発行または著作年等   書        名     著   者    備   考
 1  明治 2年   JAPANN IN YEZO.     T.W.ブラキストン 蝦夷地の中の日本   
 2      4年  北見州経験誌          松本 十郎   新しい道史
 3     12年  北地履行記            酒井 忠郁    
 4     16年  北海道紀行            吉田 健作   新しい道史
 5     19年  旧事録
 6     20年  藤野家履歴                     根室市史
 7     24年  北海道殖民地選定報文完             復刻本有り
 8     26年  開拓指鍼北海道通覧      久松 義典 
 9     27年  北海道實業人名録       松井 十郎
 10    29年  北見事情             神田芳太郎
 11    31年  北海道殖民状況報文北見国  河野 常吉   復刻本有り
 12    32年  網走港※1            貴田 国平   復刻本有り 
 13    43年  北海之新天地          吉田 民鉄 
 14    45年  北見之富源            貴田 国平 
 15 大正 1年  北見繁栄要覧          菊池鈍二郎   復刻本有り
 16     2年  北見発達史           大場篤三郎
 17     3年  網走築港調査書※2      東条  貞    復刻本有り
 18          北見と人物            都香 北州    復刻本有り
 19     5年  北見要覧             安藤  誠
 20          北見之林業           東条  貞 
 21          網走支庁拓殖概要~7年   網走支庁     他年有り
 22     6年  網走外三郡物産共進会報告 残務取扱事務所 写真帖ほか
 23    10年  湧別兵村誌           新野尾國之
             注)復刻本は網走港修築意見書・網走港湾調査報文並びに※1と※2の3巻
②文献の概要
 1.政府の依頼で調査のために宗谷へ赴いたときの浜中からオホーツク沿岸の記録。
 2.松本判官が根室在勤中に斜里郡から宗谷郡まで視察したときの日記。
 3.開拓使官吏の酒井が札幌より日高、十勝、根室、北見、天塩を巡回視察した報告書。
 4.内務官僚時代の吉田が道内を視察したときの記録。吉田は北海道製麻の創設者。
 5.藤野家の網走支店が開拓使網走郡出張所に提出した報告書。
 6.天明元年から明治20年までの藤野家の活動の編年記録。
 7.北見調査は明治22年。地理、土性、用水、運輸などの基本情報を掲載。同30年第三報文まで有り。
 8.久松は北海道毎日新聞の記者。特に漁業に詳しく実業家や村総代などの人名録が有用。
 9.どちらかいうと宗谷に比重を置いたもの。漁家・商家、旅館などの人名録が有用。
 10.網走地方は明治26年12月末現在のもの。当時の実業名士録。
 11.明治29年に地理、気象、産業など村落ごとに実地調査した詳細な記録。
 12.網走港修築請願のために編纂された要覧。
 13.筆者も閲覧したことがない、極めて稀少な一品。
 14.網走線開通を記念する北見東部四郡の概覧。有力者の経歴などに詳しい。
 15.網走~池田の開通を記念した要覧。写真と広告が多い。
 16.北見之富源・北見繁栄要覧とで3部作と云える。産業について詳しい。
 17.網走港修築を祈念したもの。港湾調査書のほか貴重な資料が多い。
 18.北見東部四郡の名士録。写真と広告が多い。
 19.網走外三郡物産共進会での北見東部四郡の拓殖概覧。広告が多い。
 20.北見木材大会の記録。活況を呈した北見林業界を知るに有用。
 21.この外、いくつかの同種文献があるが本書にはかなわない。
 22.共進会受賞者ほか、当時の有力農業者の氏名が一覧できる。
 23.湧別屯田だけではなく、遠紋地方の初期開拓の状況を解説。


第60回網走管内郷土誌の目録
北海道の歴史,北海道の文化,北海道文化財保護協会,http://turiyamafumi.kitaguni.tv/
  

Posted by 釣山 史 at 09:25Comments(0)古書籍・古本

2008年06月18日

道東のハリスト教会

~ハリストス正教会と千島の先住民族

 去る6月8日に信者ではありませんが後学のため、中標津町の上武佐教会での「諸聖神父の主日・聖体礼儀」と「全永眠者のためのパニヒダ」に参加させて頂いた。

英人スノー著千島列島編譚/明治18年
 略 北方土人ハ樺太[アイヌ]ト等シキ彼等ノ用語ノ外ニ露語ヲモ多少自由ニ話セリ彼等ノ信奉スル宗教ハ基督教ニシテ希臘教會ニ屬セリ露國ノ僧侶ハ時々彼等ヲ來訪セリ而シテ占守島ノマイルツポ村ニ於テハ亜米利加ヨリ持來リシ松板ヲ以テ建築シタル一寺院アリ 中略 色丹ニ於ケル千島土人ハ千八百九十一年(明治二十四年)十月ニ總テ單ニ五十九人ナリキ此時日本ヨリハ彼等ノ爲メ露國宣教師ヲ送レリ 

 釧路ハリストス正教会堂
◆千島の先住民族と正教会
 千島アイヌ(クリルアイヌ)は、ウルップ島から占守島までのアイヌ人を指し、18世紀の中頃には占守島とホロムシル島に256人が居住していたと云うが、明治8年の「樺太千島交換条約」では北千島がロシア領から日本領となり、同17年に色丹島へ強制移住させられたときには97人へと激減していた。
 いっぽう、ウルップ島、シムシル島のアリュート人はロシア領へ引き揚げたが(千島アイヌの一部も)、占守島のクリル人は同じく色丹島へ移住させられた。
 これら日本へ移住した千島の先住民達は多くは風習・風俗がロシア化してロシア人と変わりなく、千島在住のときはロシア正教会の信者となっていた。  
 こうして正教会は明治の初めに根室を中心として道東、北方四島に伝教され、明治29年には色丹島の聖三者教会が成聖され、クリル人首長のヤコウ・ストロゾフが教会を建立したが、同31年に根室と色丹を「ニコライ主教」が巡回し、同35年には釧路ハリストス正教会の会堂が建設されて、拠点は根室から釧路へと移った。
◆上武佐ハリストス正教会
 伊藤繁喜は和田屯田へ入植し、明治30年には洗礼を受けて標津教会を設立、のち大正5年に上武佐駅逓の取扱人となって、そこで布教を開始し、同8年に会堂を建立した。
 山下りんは茨城の武家に生まれ、一時、江戸の浮世絵師に学んで、のち工部美術学校に入学、そこで正教会に改宗した。明治13年の24才のときに中退し、ロシアのペテルスブルグに渡って修道院で絵画を学び、帰国後は東京神田の日本正教会の女子神学校でイコン画の制作を始めた。                       
 上武佐の教会には山下リん作の12大祭イコンがあり、また、聖三者教会にあったイコンの一部が受け継がれた北方領土に関係深い教会である。






 斜里の教会





第59回千島民族とキリスト教会

北海道の歴史,北海道の文化,北海道文化財保護協会,http://turiyamafumi.kitaguni.tv/  

Posted by 釣山 史 at 21:21Comments(0)樺太・千島の歴史

2008年06月13日

もんべつのホタテ

ホタテ貝(帆立貝、海扇、車渠)

 一説に紋別郡では明治13年頃に盛んにホタテを漁獲したと云うがナマコ漁での混獲によるもので、専業的にホタテ漁が開始されたのは同25年であり、初期のホタテ漁の中心は小樽方面から廻航した石川県人を中心とする北陸衆であった。
 こうしてホタテ漁は北見地方を代表する一大漁業となったが、当初から乱獲などにより好不漁と禁漁を繰り返していた。昭和9年にサロマ湖で始められた採苗試験は同11年から大掛かりなものとなって、これが管内に「地まき」されたのがホタテ貝の増養殖事業の始まりと云われる。 北見國紋別郡内漁業實況/北水協會報告第七拾七號/明治26年
 この増養殖は紋別では昭和49年、50年と禁漁にして稚貝を本格的に放流し、同51年からは4年毎の輪採制として再開されて、このようにホタテ漁は次第に増加・安定した。
 標準和名は「ホタテガイ」と云いカキ目イタヤガイ科に属し、漁期は3月中旬から11月いっぱいくらいで、「八尺」と呼ばれる「けた網」による曳き網漁が行なわれ、大正の中頃には既に「紋別八尺」が広く知られていた。それは現在でも船のアンカーで有名な小樽の一鉄鉄工所が、爪の長い鉄製5本爪の八尺桁網を開発したのに始まる。
 輪採制では前年から中間育成した稚貝の「地まき放流」の前にヒトデを駆除し、「残ざらい」と云って残った親貝を漁獲して、異なった年齢の貝が混ざらないようにする。
 貝は黒っぽい色が表で左、白い方が裏で右、ちょうつがい側が背中で口の開いた方がお腹となり、外敵が近づくとジェット噴流でお腹側に大きく飛び跳ねる。貝殻には年輪があって年齢が分かる。
 そしてホタテ貝は「タウリン」を多く含み、血圧の安定や肝機能の回復に良いとされ、また、視力低下の予防にも効果がある、たいへん健康に良い食べ物である。

 北海道漁業冩眞帖/昭和12年

第58回ホタテのお話し(第2回の続き)

北海道の歴史,北海道の文化,北海道文化財保護協会,http://turiyamafumi.kitaguni.tv/  

Posted by 釣山 史 at 20:12Comments(0)紋別の歴史

2008年06月10日

歴旅・温泉、屈斜路・阿寒編

アイヌ部落コタン/ヤマモトタスケ/昭和15年
 此のコタン部落はなかなか古い部落であります。昔のコタンのアイヌは釧路川や屈斜路湖で鮭鱒、うぐひ、其の他の小魚を漁し、又山野をかけては熊、鹿、狐、兎などを狩りし、野草の根、木の實を拾ひ集めて暮して居ました。現在は戸數十三戸、居住のアイヌは約五十人程居ります。 中略 觀光路に當りますから立寄る人が年と共に多くなつておりますが、 中略 部落の酋長は今年七十五歳になる長髭と熊取りの名人で知られているカムイマであつて、所望すれば熊取の話も聞かせてくれます。                                                          
屈斜路コタン       
                         
□日川さん2              日川さんのお店と購入したパウンペほか







 今回の旅はアイヌの方々の伝統芸能を見ようと、阿寒へ行って来た。弟子屈や阿寒は毎年数回は行っていて、屈斜路コタンは本年2回目である。
 いままでに阿寒コタンはかれこれ、20回位は行っており、ここ数年は定期的に通っているから、馴染みのお店も出来ての今さらの初宿泊である。ただ、昨年は体調を崩してしまっての春1回のみで、その間に阿寒湖アイヌコタンは様変わりしていた(ついでに看板リニューアルのお店も・・・笑)。
 さて、私の《歴史の考究》は独学によるもので、ために先住民族に関しては全くの浅学・素人であるから、大胆な言動にさぞかしご不快だろうと思われるのだが(だったら慎め!)、アイヌの方々は皆さん良くしてくれる。

~見学した伝統芸能
 ◆アイヌ古式舞踊
 ◆ユーカラ劇【天駆ける英雄の物語】
~様変わりのコタン
 ◆モニュメント「カムイニ(神の木)」
 ◆新たに設置した野外ステージ

 折しも出立の前日にアイヌの人々を先住民族と認める国会決議が採択され、政府も《アイヌの人々は先住民族である》という認識を官房長官談話として表した。ビッグ・ニュースだ!!! 今までも1997年には「アイヌ文化振興法」が制定され、先住民族としての認定は避けつつ、アイヌ語の普及や伝統の継承などが図られて来た。
 「この地に和人が入り込んで多くのアイヌの人々が攻め殺され、そして以来、長く虐げられてきた」と日川さんは言った(私も思う、通った松前の小学校にはアイヌの人々を騙し討ちして耳を削いで埋めた《耳塚》があった、悲惨な歴史の一遍だ!)。続けて言う、「伝統的な風習や工芸を引き継ぐ後継者は少ないが、文化(伝承)では生活できない、伝統的な工芸や民具を作ろうにも材料が手に入らない!」。
 長く制限されてきたサケ・マスの捕獲が、2005年には《伝統的な儀式や漁法の伝承》に限り解禁となるなど一部では緩和も見られたが、しかし、「国立公園での規制は厳しく、織物に使うイラクサですら採取が困難だ」と云う。
 ・・・この採択を機会に少しでも良い方向へ動き出して欲しいと願う私であった。

オススメ!手縫いのステキな着物が魅力のユックレップ             たいらさんの宝刀とチカップセッのパスイ







□泊るなら格安温泉!

~ただ、格安の足湯と温泉ホテルの紹介
 ◆気軽に楽しめるふたつの無料の足湯《川湯駅と川湯園地》
 ◆超格安の温泉ホテル・一泊2食付き5,000円《ホテル御前水》
   朝食はバイキング、源泉かけ流し、微濁りの単純温泉











































第57回阿寒コタン(関連、第50回)

北海道の歴史,北海道の文化,北海道文化財保護協会,http://turiyamafumi.kitaguni.tv/
  

Posted by 釣山 史 at 21:24Comments(0)旅と温泉

2008年06月04日

歴旅・温泉、標津町編

歴旅、ひなびた温泉宿1
~惜しくも廃業したようです

 「鄙びる=ひなびる」とは「いなかびた」、「田舎らしい」という意味で、都会を離れてノンビリとした感じのこと。決して悪い意味ではない。旅とは日常生活からの脱却であり、ストレスの多い現代人の心の休養日である。私は谷中・野中の一軒家ようのな「ひなびた温泉宿」が大好きだ。

歴史好き、自然好きにはたまらない標津町!・・・釣りもできるし


◆お宿標津温泉[TEL] 0153-82-3333
~標津の町中にある小さな温泉宿
 内風呂に巨岩を配した大小の浴そうと露天風呂。加温はしているが掛け流しである。ぬるぬるとしたモール系でお肌がツルツル、湯上り後もぽっかぽっか。
・pH値8.6のナトリウムー塩化物泉。
・まんじゅうふかしの湯-5箇所(女湯のみ)。
・入浴料大人500円、小人150円。 
・大人1泊2食7000円、小人3500円。 
 「網走・知床」と「阿寒・屈斜路湖」、あるいは「根釧方面」など、オホーツクの中継としての適地で、近隣に中標津空港もあり、移動に便利である。
 私が4・5回は泊っているオススメの宿。これで7千円は安い!!

◆見どころ
・標津遺跡群・伊茶仁カリカリウス遺跡
~縄文時代から擦文・オホーツク文化期にかけてつくられた広大な竪穴住居址群。
・ポー川史跡自然公園
~天然記念物標津湿原には自然のままのキャンプ場があり、家族連れに大人気。
・歴史民族資料館・開拓の村
~開拓の村では開拓農家や番屋が復元されており、また、野付半島の途中には「會津藩士の墓」がある。
・北方領土館
~北方領土の歴史や返還運動を紹介する。展望室からは国後島が見られる。
・ラムサール条約登録湿地・野付半島
~トドワラで有名な野付半島は広大な干潟から渡り鳥の渡来地となっていて、タンチョウの繁殖地でもある。「野付半島ネイチャーセンター」あり。







◆必見、あな場!
・中標津町の上武佐教会
~標津市街から車で15分程度、酪農地帯のど真中にポツンと現われるハリストス正教会。イコン画、山下りんの「12大祭の聖像」など調度品はすばらしい!!


第56回、歴史の旅と温泉(関連第37回、第60回)

北海道の歴史,北海道の文化,北海道文化財保護協会,http://turiyamafumi.kitaguni.tv/
  

Posted by 釣山 史 at 07:44Comments(0)旅と温泉