さぽろぐ

  文化・芸能・学術  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


2018年01月08日

屯田兵の備品箱 レア



日清戦争 屯田兵・臨時第七師団備品箱 明治29年5月、札幌に第七師団が設置され、初代師団長は、永山武四郎少将だった。明治31年12月には全道で徴兵令が施行され、第七師団の鷹栖村への移駐が決定する。そうして明治34年11月の一部完成に伴い、歩兵第26、27、29連隊が先行移転、翌35年10月には司令部が移転した。さて、明治28年3月に日清戦争へ出兵のため、屯田兵による臨時第七師団が編成された。極めて限られた時代の遺物であり、たいへん貴重である。
第434 屯田兵・臨時第七師団備品箱         北海道の歴史,北海道の文化,北海道文化財保護協会,http://turiyamafumi.kitaguni.tv/

あなたにおススメの記事


同じカテゴリー(北海道の歴史)の記事画像
北海道製麻会社の麻布
道の歴史 講演会
北の大地を拓いた先駆けの”みち”
郵便ラッパを入手
アイヌ民族文化祭 in 旭川 
手本は二宮金次郎
同じカテゴリー(北海道の歴史)の記事
 北海道製麻会社の麻布 (2018-05-24 08:00)
 道の歴史 講演会 (2018-05-04 16:36)
 北の大地を拓いた先駆けの”みち” (2018-03-31 20:43)
 郵便ラッパを入手 (2017-12-16 20:14)
 アイヌ民族文化祭 in 旭川  (2017-11-16 19:00)
 手本は二宮金次郎 (2017-09-03 04:16)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
削除
屯田兵の備品箱 レア
    コメント(0)