さぽろぐ

  文化・芸能・学術  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  
Posted by さぽろぐ運営事務局 at

2017年11月16日

アイヌ民族文化祭 in 旭川 



第30回 アイヌ民族文化祭に参加して この十一月四日(土)、旭川市民文化会館において北海道アイヌ協会が主催する「アイヌ民族文化祭2017」が開催され、私は、三十回目という節目の折りに初めて参加させて頂いた。さて、文化祭は、北海道アイヌ協会加藤忠理事長の『イランカラプテを北海道のおもてなしの言葉として広め、ユネスコ無形文化遺産であり、国指定重要無形民族文化財であるアイヌ古式舞踏などの鑑賞を通じて、アイヌ民族の自然観、精神世界の理解を深めてもらい、また、アイヌ民族が先住民であるとの認識を高めて、それで多文化共生社会の実現となることを望む。』との挨拶に始まった。アイヌ古式舞踏では、「旭川チカップニアイヌ民族文化保存会」の多くの若手らが、動植物を表したチカプウポポ(鶴の舞)や激しさの余りに心臓破りの踊りと云われるフッタレチュイ(トドマツの踊り)などを披露した。「阿寒アイヌ民族文化保存会」は、今回は小中学生を中心に構成され、チロンヌップリムセ(キツネの踊り)が可愛らしく、クリムセ(弓の舞)は、とっても勇ましいものだった。〝旭川〟と〝阿寒〟の違った鶴の舞が観覧でき、お得気分に浸りながらアイヌ文化が確実に若者たちへ引き継がれて行くことを確信したのだった。続いて国立アイヌ民族博物館設立準備室の内田祐一氏(元帯広百年記念館副館長)による講演「アイヌ文化のなかの自然観」では、自然=カムイ、アイヌモシリとカムイモシリについてのアイヌ民族の自然観が、キタキツネやシマフクロウを題材に語られ、同じカラスでも〝ハシボソガラス〟は賢くエライ神であり、〝ハシブトガラス〟は、ろくでもないものという話に興味を引かれた。そうして二人組みの男性ボーカル・HEAT VOICEと阿寒コタンの若者たちによるトーカリップ(マリモ)体操が会場を盛り上げ、最後にポロ リムセ(輪踊り)が、感動的にフィナーレを飾った。こうして楽しくとても有意義な一日を過ごしたのであった。 フィナーレ みんなで大きな輪をつくって踊りましょう
第432号 アイヌ民族文化祭 in 旭川         北海道の歴史,北海道の文化,北海道文化財保護協会,http://turiyamafumi.kitaguni.tv/
  

Posted by 釣山 史 at 19:00Comments(0)北海道の歴史郷土の語り

2017年11月13日

二宮尊徳像と国家主義



あちこちに二宮尊徳像が建てられた理由 昭和10年に中央報徳会、大日本報徳社、全国町村長会、帝国教育会ほかの団体が共同し、全国で『二宮尊徳翁八十年祭』を開催した。ときの内相は、地方官会議において大いに報徳精神を喧伝し、これを契機に各地にたくさんの尊徳像が建立されるようになった。明治41年に『戊申詔書』が渙発され、日露戦争後の個人主義や社会主義の台頭を戒め、勤倹力行して疲弊した地方の再生に当たろうとした。この〝地方改良運動〟を支えたのが「二宮尊徳」の〝報徳仕法〟で、本来は質素倹約、勤勉実直、相互扶助を唱える暮らしを助けるものであったが、この報徳精神を内務行政に取入れたのは、のちに「大日本報徳社」の社長となった〝一木喜徳郎〟が内務次官のときで、こうして国家主義の重要なカテゴリーとなって行った。 昭和12年7月に建立したが、同17年10月に応召され、同18年5月に陶製を再建した。当別町の旧弁華別小学校
第431号 二宮金次郎の像      北海道の歴史,北海道の文化,北海道文化財保護協会,http://turiyamafumi.kitaguni.tv/