さぽろぐ

  文化・芸能・学術  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


2013年07月25日

十勝の歴史遺産



十勝探訪 この7月に2週に渡り、道東を巡った。地方には有名・無名、発信力の弱さもあって、まだまだ余り知られていない歴史遺産があり、また、その価値に比べて地元における評価も不十分なことが多い。 ここでは主に建造物について紹介するが、これからも情報の収集、リレーに努めて行きたい。 紋別会員 釣山史  ◆空襲に耐えたJA本別町倉庫 通りかかるとそれは取り壊し中だった。 JA大通り倉庫は、昭和5年に改築された当時としては珍しい木骨コンクリート造り。 昭和20年7月15日、米軍43機によって空爆された本別町では、40名が死亡、中心街の三分の二が焼失し、この倉庫の壁には十勝空襲の傷跡が刻まれていた。 保存を望む声もあったが維持が難しく、解体されることとなり、町歴史民俗資料館友の会ほかは、本別空襲を物語るものとしてビデオや写真に記録した。町では毎年、『わが町の七月十五日展』を開催し、積極的に戦災の歴史を伝えて来ただけに惜しまれる。 取り壊し中の戦災倉庫 くり抜かれて町資料館に保存された壁の一部 ◆旧足寄村役場庁舎 昭和9年に建設された旧村役場庁舎の解体が決まった。平成19年までは、町郷土資料館として利用されていたが、取り壊しを前提に中名寄の旧校舎に移転していた。 老朽化が著しく、厳しい財政事情もあり、また、町の歴史を偲ぶ建造物がほとんど残っていないなか、文化財としての価値も低いと判断したようだ。 町の玄関口に建ち、地域のモニュメントであったものが消える。 上/解体予定の旧村役場庁舎  右/現資料館の展示物 上/奉安庫かも 下/みごとな双口注口土器 ◆旧池北線・陸別駅 平成18年4月に『ふるさと銀河線(旧池北線)』が廃線となったが、その2年後に観光鉄道の『ふるさと銀河線りくべつ鉄道』として復活した。 明治42年に設置の転車台はSLが廃止されてから長く放置されていたが、平成21年に修復され、また、昭和5年に建設された機関庫は木造の矩形庫で、現役の気動車のほか、排雪モーターカーや保線作業車など、鉄道院、鉄道省、そして国鉄の歴史を残している。関寛斎資料館が併設される。 道内最古の転車台と戦前の木造機関庫 ◆国登録有形文化財・双葉幼稚園園舎 フランク・ロイド・ライトのものを参考に特徴あるドーム屋根に三角形の小窓を配して大正11年に完成した。 数多くの園児を送り出して来た十勝地方で最古の幼稚園も少子化の波には勝てず、本年3月をもって、とうとう閉園してしまった。今後の保存と利活用が注目される。 赤い屋根が地域のシンボルだった旧園舎









































第359回 十勝の歴旅      北海道の歴史,北海道の文化,北海道文化財保護協会,http://turiyamafumi.kitaguni.tv/  

Posted by 釣山 史 at 20:56Comments(0)北海道の歴史

2013年07月21日

道東を探索 2

帯広市内です。


この連休に、またまた、道東を探索 2 登録有形文化財 双葉幼稚園園舎 フランク・ロイド・ライトのものを参考に大正11年に完成した。ドームが特徴の幼稚園も、とうとう平成25年3月をもって閉園、今後の保存と利活用が注目される。 キラッと帯広!景観百選 十勝信用組合本店 昭和8年の建築で旧安田銀行帯広支店であった。ほぼ当時のままである。 旧三井金物店(現六花亭ホール) 大正元年に竣工した3連アーチ型の煉瓦造り。  平成22年春に撮影 キラッと帯広!景観百選 帯広市指定文化財 十勝監獄石油庫 北海道集治監十勝分監の施設で唯一残る明治33年に建築の煉瓦造り。獄内で焼かれたという鬼瓦には「水」の文字が。 旧野口医院住宅 昭和4年に建築された野口医院は、平成20年に解体されたが、住宅は今でも現役である。 防空壕跡 昭和19年に部隊が駐留した際、司令部の庭に築かれたもの。















第358回 またまた道東の旅 2      北海道の歴史,北海道の文化,北海道文化財保護協会,http://turiyamafumi.kitaguni.tv/  

Posted by 釣山 史 at 18:27Comments(1)北海道の歴史

2013年07月19日

旧紋別駅の貨車移動機



















北見市SL広場

旧紋別駅の貨車移動機 この協三工業株式会社製のDB12型貨車移動機は、昭和50年に紋別駅構内の専用として配置され、遠洋・沖合漁業の最盛期に鮮魚の積み出しに活躍した。紋別駅ホームは3番線があり、貨物ホームへの貨物側線が2本あった。同57年には相内駅へと配置転換されて同59年に廃車となる。現在の士別駅が旧紋別駅と同じ設計だという。 大正10年 3月25日  国鉄名寄東線として開業する。 大正10年10月5日 全線開通し名寄線、その後名寄本線となる。 昭和43年10月1日 コンテナ基地となる。 昭和59年2月 1日 貨物と荷物の取扱いを廃止する。 平成元年5月1日 JR名寄本線が廃線となる。 昭和40年頃 昭和35年頃












































第357回 紋別駅の貨物用移動機      北海道の歴史,北海道の文化,北海道文化財保護協会,http://turiyamafumi.kitaguni.tv/  

Posted by 釣山 史 at 00:00Comments(0)紋別の歴史

2013年07月16日

道東の歴旅



この連休に、またまた、道東を探索 森のクマさんに気を付けながら廃郷を巡る。標茶町下久著呂の旧奉安殿、クマ避けはビートルズのカム・トゥゲザー。 昭和33年に工事着手した白糠線は、同47年までに二又までが開通、終着は北進駅だった。足寄まで結ぶ計画であったが同58年に廃線となる。曲線が美しい第4茶路川橋梁跡(左)ほか、多数の橋梁、ガーターが残る。 無印の名建築を紹介する。帯広市の野口邸(左)と標茶町磯分内の旧理容室。 鶴居村営殖民軌道のガソリン動車。









































第355回 またまた道東の旅       北海道の歴史,北海道の文化,北海道文化財保護協会,http://turiyamafumi.kitaguni.tv/  

Posted by 釣山 史 at 00:00Comments(0)北海道の歴史

2013年07月13日

美瑛と旭川の奉安殿



美瑛と旭川の奉安殿 奉安殿情報の確認のため、美瑛町に行って来ました。そして何と、ゆきずりでもうひとつ発見してしまいました。旧奉安殿と思われる美瑛町の下宇莫別神社内陣、美進小学校のものか?同じく奉安殿か?旭川市上旭日正の金刀比羅神社内陣、第2旭川小学校のもの?


































第354回 奉安殿ふたつ      北海道の歴史,北海道の文化,北海道文化財保護協会,http://turiyamafumi.kitaguni.tv/  

2013年07月10日

湧別の煉瓦建築



歴史的景観地域・湧別煉瓦建築群/湧別町 かっては世界のハッカの7割を産出した北見地方。その代表的な産地でハッカ成金を輩出した上湧別村は旧名寄線と湧網線の分岐点でもあり、また、“北限のリンゴ“として良く知られ、現在も湧別地域に倉庫、牛舎、住宅など多くのレンガ建築が残る。藤島倉蔵は、湧別川が運んだ重粘土を利用して煉瓦を製造しようと野幌から職人の熊倉栄松を呼び寄せ、大正7年に「中湧別煉瓦工場」を創立し、大正9年には、栄松に経営を移譲した。昭和16年には渡辺亀助が工場を買い取り、現在は「興農セラミック」へと引き継がれている。






























第354回 湧別地方のレンガ      北海道の歴史,北海道の文化,北海道文化財保護協会,http://turiyamafumi.kitaguni.tv/  

Posted by 釣山 史 at 00:00Comments(0)オホーツクの歴史

2013年07月06日

御真影の本物かも!?

御真影の本物か?



 菊華紋の立派な黒漆塗り、重厚な額装に専用カバンが付いています。
 本物かも!!
 当時は、本校に下賜された御真影を許可を得て複写し、分校で奉載したりもしました。






































第353回 御真影の本物!?      北海道の歴史,北海道の文化,北海道文化財保護協会,http://turiyamafumi.kitaguni.tv/