さぽろぐ

  文化・芸能・学術  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


2011年08月30日

旧日本軍飛行場

本部の建物は旧海軍隊舎のまま
陸上自衛隊第5旅団第6普通科連隊 美幌駐屯地 昭和15年の美幌に96式陸上攻撃機約40機、隊員約2,000名の海軍航空隊基地が建設された。戦後は米軍キャンプ地となり、警察予備隊美幌駐屯地を経て現在に至る。現在の駐屯地の建物84棟のうち、27棟は旧海軍が使用していたもので、火薬庫の跡や米軍ハウスなども残っている。 本部隊舎 当時のままの玄関ドア 大理石の階段 約250mもある雪中廊下 夜間戦闘機・月光(左)と一式陸上攻撃機(右)のタイヤ 代用陶製の手榴弾 天皇陛下の御真影 資料館・北辰館



























第268回 旧軍遺産・美幌駐屯地          北海道の歴史,北海道の文化,北海道文化財保護協会,http://turiyamafumi.kitaguni.tv/  

2011年08月27日

美幌の古民家

 昭和初期のレトロでモダンな貴重な建築物 北見市若松から美幌町へ抜ける道道217号の美幌町美和にある公民館は、昭和5年に十七区会館(美和南青年会館)として建設された。当時、ようやく一般へ広がりつつあったモルタルコンクリート造りの唐破風様はめずらしく、額縁窓と玄関建具がとってもオシャレ。




































第267回 モルタルコンクリートのレトロでおしゃれな建築物          北海道の歴史,北海道の文化,北海道文化財保護協会,http://turiyamafumi.kitaguni.tv/  

Posted by 釣山 史 at 06:30Comments(0)古民家・古建築

2011年08月24日

道東北の歴史遺産③

戦時編③

 掩体壕とトーチカ 太平洋戦争では、道東北の各地の草原に飛行場が建設され、終戦間際の海岸線には多くのトーチカが築かれた。網走市内には8つが現存する。 旧海軍美幌航空隊第二飛行基地(大空町)  旧陸軍航空隊計根別第一飛行場(別海町) ~掩体壕とは飛行機の格納壕のこと 浜藻琴 網走港帽子岩



























第266回 北海道の陸海軍基地          北海道の歴史,北海道の文化,北海道文化財保護協会,http://turiyamafumi.kitaguni.tv/  

Posted by 釣山 史 at 09:00Comments(0)北海道の歴史

2011年08月22日

道東北の歴史遺産②

戦時編②


 奉安殿(名寄市)と二宮尊徳像(鹿追町) 奉安殿は、戦前に天皇・皇后両陛下の「御真影(写真)」や「教育勅語」を保管した。東風連の奉安殿は、戦後に神社の内陣へ転用され、保存状態は良く、外観も美しい。 戦前には勤勉実直、質素倹約の模範として、各地に銅像が建立された。この尊徳像は、いわゆる金属製に代わる陶製の「代用品」が現存する珍しいもの。 北鹿追小学校の尊徳像 東風連小学校の旧奉安殿(東風連神社)



























第265回 朕、憶に          北海道の歴史,北海道の文化,北海道文化財保護協会,http://turiyamafumi.kitaguni.tv/
  

Posted by 釣山 史 at 09:00Comments(0)北海道の歴史

2011年08月20日

道東北の歴史遺産①

戦時編①


 大岬旧海軍望楼と旧大湊海軍通信隊稚内派遣隊幕別送信所(稚内市) 幕別送信所 大岬旧海軍望楼 望楼は、稚内市有形文化財で市内最古の歴史的建造物、明治35年にバルチック艦隊の監視用に建設された。そして大本営と直結する重要施設であった送信所跡には、昭和6年に建設の無線施設と隊舎などが残る。



























第264回 本土、最北の防人          北海道の歴史,北海道の文化,北海道文化財保護協会,http://turiyamafumi.kitaguni.tv/
  

Posted by 釣山 史 at 09:00Comments(0)北海道の歴史

2011年08月18日

道東北の歴史と記念物③

自然系・洞窟編③

 北海道指定天然記念物・ふたつの鍾乳洞(中頓別町・当麻町)  中頓別鍾乳洞/北海道で最初に発見された鍾乳洞で、約1千万年前の新生代第三紀に、フジツボやホタテなどの貝殻の堆積によってできた比較的に新しい時代の珍しいもの。 当麻鍾乳洞/1億5千万年前のジュラ紀からの地下水の作用によってできた石灰洞窟。天井からパイプ状に下がる鍾乳管は、世界でも珍しく、学術的価値は高い。 祝北海道文化財保護協会50周年





























◆北海道文化財保護協会創立50周年式典
  ○平成23年10月22日(土)
  ○文化財講演会
   「正倉院宝物と光明皇后」
    講師 西山厚 奈良国立博物館学芸部長
  ・北海道文化財保護功労者表彰式
  ・記念祝賀会
  ○会 場
   ホテル札幌ガーデンパレス
    札幌市中央区北1条西6丁目



第263回 北の鍾乳洞          北海道の歴史,北海道の文化,北海道文化財保護協会,http://turiyamafumi.kitaguni.tv/  

Posted by 釣山 史 at 09:00Comments(0)北海道文化財保護協会

2011年08月16日

道東北の歴史と記念物②

自然系・洞窟編② 北海道指定天然記念物の「ひかりごけ」(羅臼町) マッカウス洞窟に自生するヒカリゴケは、エメラルドグリーンに輝く。安政5年に松浦武四郎が探検したとき、ここに仮宿したという。 昭和36年に温泉のボーリング中に噴出して、確認された「湯の沢の間歇泉」は、同じく道指定天然記念物。 祝北海道文化財保護協会50周年































◆北海道文化財保護協会創立50周年式典
  ○平成23年10月22日(土)
  ○文化財講演会
   「正倉院宝物と光明皇后」
    講師 西山厚 奈良国立博物館学芸部長
  ・北海道文化財保護功労者表彰式
  ・記念祝賀会
  ○会 場
   ホテル札幌ガーデンパレス
    札幌市中央区北1条西6丁目



第262回 世界遺産、知床の洞窟          北海道の歴史,北海道の文化,北海道文化財保護協会,http://turiyamafumi.kitaguni.tv/  

Posted by 釣山 史 at 09:00Comments(0)北海道文化財保護協会

2011年08月14日

道東北の歴史と記念物①

自然系・洞窟編①


 網走の洞窟と柱状節理 大曲第一洞窟遺跡 網走市指定天然記念物ポンモイ柱状節理 網走には大曲周辺だけでも、5つの洞窟が確認されている。網走刑務所内にある海浸性の洞窟は、昭和16年に囚人が発見した。住居のほか、墳墓としても使用され、炉跡や土器、石器、そして人骨も出土した。 『この辺りの海岸は美しく、岬が北へ突き出し、沖に小さな島が見える。網走港の手前には、灰色の変わった断崖、柱状節理がある。ブラキストン/Japan In Yezo/明治2年 祝北海道文化財保護協会50周年


























◆北海道文化財保護協会創立50周年式典
  ○平成23年10月22日(土)
  ○文化財講演会
   「正倉院宝物と光明皇后」
    講師 西山厚 奈良国立博物館学芸部長
  ・北海道文化財保護功労者表彰式
  ・記念祝賀会
  ○会 場
   ホテル札幌ガーデンパレス
    札幌市中央区北1条西6丁目



第261回 網走の自然造形物          北海道の歴史,北海道の文化,北海道文化財保護協会,http://turiyamafumi.kitaguni.tv/  

Posted by 釣山 史 at 18:22Comments(0)北海道文化財保護協会