さぽろぐ

  文化・芸能・学術  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


2011年11月27日

白瀬、南極へ


明治の南極探検 2 ◆千島の探検 『白瀬矗』は子供のころから利発でヤンチャ、北極探検を夢見ていた。まずは手始めに千島の探検を企画していたところ、「郡司成忠」の千島開発の計画を聞き、これに参加することにした。白瀬は、明治26年3月20日に隅田川築堤を発った郡司ら「報効義会」の一行と函館で合流した。そこから民間船に便乗し、国境の占守島へ向かったが、途中、渡島を拒まれ、目的を果たせずにいたところ、偶々、軍艦磐城の協力を得て、ようやく8月31日に占守島へ上陸した。白瀬らは、占守島を根拠に3島に分かれて2回の越冬を試み、カムチャッカを探検し、千島北部の資源の豊かさを確認するなど大きな成果をあげた一方、支援が途絶えたことで、捨子古丹島の9名が全滅したほか、死亡者が13名という悲惨な結果に終わった。 ◆南極探検へ 苛酷な条件を生き抜いた白瀬は、ますます自信を深めていたが、アメリカ人のピアリーが北極点に達したと知ると、目標を南極探検に変更した。各所に探検への支援を働きかけ、政府援助の約束を得たが、結局、資金の融通は無いまま、一番の課題であった探検船も北方探検の同胞であった報効義会の新造船・「第二報効丸」を買取ることになった。この第二報効丸に補助の蒸気エンジンを取り付け、船体には鋼板を張り付けて、東郷元帥が『開南丸』と命名した。いよいよ出港することになり、明治43年11月28日には、芝浦で五万人とも云われる壮行会が催され、翌29日に華々しく品川を出港した。 出典「郡司大尉・S14年」 白瀬らを占守島へ運んだ軍艦磐城 同左 郡司海軍大尉 出典「開南創刊号・S14年」 大隈翁の壮行演説 出典「アサヒグラフ新年特大号・S31年」 開南丸 出典「開南創刊号・S14年」 後列右から白瀬隊長・野村船長


























第286回  白瀬の南極探検         北海道の歴史,北海道の文化,北海道文化財保護協会,http://turiyamafumi.kitaguni.tv/
  

Posted by 釣山 史 at 11:25Comments(0)郷土の語り

2011年11月23日

南極に渡った北海道人



明治の南極探検 郡司成忠と伴に北方開発に貢献し、北海道庁の官吏でもあった『白瀬矗』が南極に上陸して百年を迎える。研究者の間では、樺太アイヌの二名が最終地点の南緯八〇度五分、西経一五六度三七分に至ったことは良く知られているが、この探検に北海道人の『吉野義忠』がいたことは、ほとんど忘れ去られている。 吉野は、明治二一年九月一七日に香川県丸亀市に生まれる。明治三三年に北海道の増毛町に移住し、大正七年には室蘭へ転籍しており、この間の詳しい動向は、もはや全くの不明である。 日本人の海外進出、特に苦学生を支援するために創設された日本力行会の会員であった若き早大生は、世界を夢見て白瀬南極探検隊の被服係として参加、明治四五年一月一六日に白瀬、武田、三井所、村松、吉野、山辺(樺太アイヌ)、花守(樺太アイヌ)の7名で上陸し、吉野と村松は根拠地隊として南緯七八度三三分、西経一六四度二二分にテントを張って気象観測を行った。 後に渡米して皿洗いからホテル事業を興し、戦後の南極観測再開の時には、ロサンゼルスからエールを送っている。 占守島に於ける白瀬中尉 出典「郡司大尉・S14年 」探検船開南丸は、北方開発で使用された第二報効丸だった。 出典「白瀬中尉探検記・S17年」 右から二人目が吉野 出典「南極探検・T2年」 明治45年1月28日最終到達点で日章旗を掲げる白瀬隊長 出典「山岳第三十一年第二号・S12年」
























第285回  白瀬の南極探検         北海道の歴史,北海道の文化,北海道文化財保護協会,http://turiyamafumi.kitaguni.tv/
  

Posted by 釣山 史 at 11:40Comments(0)郷土の語り

2011年11月16日

網走市立郷土博物館友の会

建築家・田上義也を語る/網走市立郷土博物館 郷土を愛し博物館に集う『網走市立郷土博物館友の会』は昭和25年に発足し、その活動も60年を越えた。友の会では「歴史」、「動植物」、「天文」の3部会に分かれて講習会や観察会を年30回ほど開催し、そのほかボランティア活動など、博物館と共同して地域の学びに貢献している。 この11月12日には、北海道文化財保護協会副会長の角幸博北大名誉教授が、田上義也の戦前の代表作である同博物館を解説した。当日は、老若男女、歴男・歴女の約40人が参集して日頃は立入り禁止の展望ドームも公開、設計の特徴や見過ごしてしまいそうな小さな細工、フランク・ロイド・ライトに学び音楽に傾倒した田上の人となりが語られた。梨の木


















































第284回  建築家・田上義也        北海道の歴史,北海道の文化,北海道文化財保護協会,http://turiyamafumi.kitaguni.tv/
  

Posted by 釣山 史 at 21:14Comments(0)北海道文化財保護協会

2011年11月05日

札幌発、道東北歴史の旅

歴旅のご提案








































第283回 札幌発、道東北文化財の旅         北海道の歴史,北海道の文化,北海道文化財保護協会,http://turiyamafumi.kitaguni.tv/
  

Posted by 釣山 史 at 15:22Comments(0)オホーツクの歴史