さぽろぐ

  文化・芸能・学術  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


2016年04月10日

厚田・当別の文人


◆厚田と当別の文人3人 ○河合裸石と子母澤寛 アウトドア・ライターで紀行作家の河合裸石は新潟に生まれた。岩見沢を経て厚田へ渡り、高等小学校を卒業後に代用教員となり、教え子に子母澤寛がいる。後に小樽新聞社、さらに北海タイムスへと移り、後半生は山岳スキー家として良く知られる。共著にバチュラーの「アイヌの炉辺物語」、著作に「蝦夷地は歌ふ」などがある。戦前の教科書にもなった「スキー夜話」では、『スキーが日本へ最初に持ち込まれる以前の明治26年頃 カムチャッカの出稼者が、ストー(先住民の歩くスキー)を持ち帰ってきて、僕はそれで遊んだ』と云っている。大正10年には「薩哈嗹新地図」を調製している。 子母澤寛は、明治25年2月1日に北海道石狩郡厚田に生まれ、祖父母に育てられた。祖父は彰義隊として箱館戦争で戦った生き残りで、異父弟には三岸好太郎がいる。読売新聞社会部に入った頃から手当たり次第に維新史料をあさるようになり、新選組や遊俠徒の調査研究に力を注ぐ。のちに東京日日新聞社(現毎日新聞)に移籍。股旅物の第一人者と云われて、「新撰組始末記」や「国定忠治」などが有名である。樺戸集治監で監守をしていた牧田重勝は、真心影流の達人であり、厚田神社の門前に直心館という道場を建てて、新選組幹部であった永倉新八が、この道場で教えたことがあり、幼少の子母澤寛も通っていたという。 ○我が一族ゆかりの弁華別小学校と本庄陸男 我が一族は、当別村の茂平沢に入いって神社を建設し、土巧組合を設立、公設渡船場を経営して部落長ほか公職は多数で、「移住者成績調査」にも紹介された当別村を代表する開拓成功者であった。しかし、第一次大戦後の農業不況と農民解放運動の盛り上がりに小作(子)たちが結託して仕込料や小作料を支払わず、親が差し押さえを喰らって大正13年には現在の紋別市上渚滑へと転出してしまった。大正・昭和と我が一族が教員をしていた昭和12年建築の弁華別小学校舎は、道内を代表する大規模木造校舎で美しく、このままいつまでも残っていて欲しい。校庭の二宮尊徳像は、戦時供出後に陶製となって再建されたものだと云う。 いっぽう本庄陸男家も営農をしながら小間物店を営み、地区部長など地域で活躍したが、大正2年の本道大凶作で売掛金が回収出来なく経営に行き詰り、同じく上渚滑へと転出した。陸男は、東京で教師となったが、プロレタリア活動に傾倒して、教師を免職されてしまい、後の小説「石狩川、1939年刊」では、当別村へ入って開墾に苦闘した伊達主従をモデルにを著わし、一躍脚光を浴びたが35才で早世した。 陸男の兄と私のオジはいっしょに働き、父が甥と知り合いで、私も同族と同じ職場で働いたことがあり、また、陸男の初期の作品「開墾地」は筆者一族が入殖した茂平沢を描いたものであろう。
第393号   厚田・当別の文人    北海道の歴史,北海道の文化,北海道文化財保護協会,http://turiyamafumi.kitaguni.tv/  

Posted by 釣山 史 at 11:13Comments(0)読書と北海道文学

2010年08月28日

蟹工船ブーム

『小説・蟹工船』はドキュメンタリーかノンフィクションか?

日本地理体系/S5年
 戦前・戦後の北洋漁業の一翼をなし、重要な輸出品として外貨獲得に大きく貢献した蟹缶詰は、その大分が洋上で加工されて、労働環境は極めて苛酷なものであり、それを描いた小林多喜二のプロレタリア小説『蟹工船』は余りに有名である。
 この頃の蟹工船は、制度上は漁船でもなく、工場でもないというもので規制が難しく、確かにリンチはあったし、衛生管理や栄養の不足、長時間の労働などから死亡、傷病者が多発したが、当時の日本社会には人権などという考えはなく、前時代的な使用人制度が残っている状況にあっては、この蟹工船が特に特異・奇異なものでも無く、道路や鉄道工事など、いわゆるタコと呼ばれる労働者が虐待とも云える労働搾取にあっていた。
 小説『蟹工船』は、多喜二の詳細な取材と調査によるもので、ノンフィクションかとも思われがちであるが、そのモデルとなった『博愛丸』は日露戦争の時の病院船だったことで広く知られており、たまたま、多喜二が住んでいた小樽へ来航したときに火災を発生させて大きな話題となっていた。そして悪玉の親分とされる人物は、この船上での蟹缶詰の製造ラインを完成させた蟹工船事業を象徴する人物であり、これらを背景にしながら、もちろん、博愛丸でも虐待はあったが、この小説の中に出てくる数多くの非人間的な事件の多くは、他の蟹工船であったことがモチーフとされ、事実にもとづきながらも、特異な事件を寄せ集めることで相乗し、誇張して作られた《あくまでプロレタリア作品》であることを認識して頂きたい。
 決して、この時代の強制的な労働や非人間的な取り扱いを肯定しているのでは無く、小説『蟹工船』を否定するものでも無く、ここ数年の重篤な経済状況によってあぶり出された社会欠陥から、若者たちの間で巻き起こった蟹工船ブームもあり、海外TVからも問い合わせがあったので、なかなか見つからないと云う当時の作業の様子の写真とともに、ここに啓上する。



工船蟹漁業の話/S3年

















漁業発達史蟹缶詰編/S19年




































































第201回 小説蟹工船      北海道の歴史,北海道の文化,北海道文化財保護協会,http://turiyamafumi.kitaguni.tv/
 


  

Posted by 釣山 史 at 10:13Comments(0)読書と北海道文学

2009年03月22日

本庄陸男のこと

本庄一家と我が一族とのえにし


 明治28年に北海道へ渡った佐賀県士族の本庄一興の六男として、同38年に当別町太美(ロイズ工場敷地内に記念碑あり)に生まれた陸男は、戊辰戦争に敗れて当別へ入り、その開拓に苦闘した伊達主従をモデルとして昭和14年に小説「石狩川」を著わして一躍脚光を浴び、第八回芥川賞の候補にも挙がったが、出版直後に35才の若さで早世した。この「石狩川」は築地小劇場で舞台化され、戦後の昭和31年には東映映画「大地の侍」として上映され、太美の堤防敷地には文学碑「石狩川」がある。
 本庄家は当別では、営農をしながら小間物店を経営し、地区部長など地域で活躍したが、売掛金が回収できずに商売に行き詰り、大正2年には再起のために上渚滑和訓辺へ再転住し、あらたに開墾をはじめたが、生活は非常に苦しいものだった。
「石狩川・初版」昭和14年
 陸男は地元の学校を卒業し、渚滑村役場の臨時雇いを経て上渚滑小学校の代用教員となったが、向学心から樺太へ出稼ぎし、その資金をもって青山師範学校を卒業すると東京で教師となったが、プロレタリア活動に傾倒して免職となってしまい、実際、彼は共産党員であったが長く秘密とされていた。
 教員時代は夏休み、冬休みには帰省したといい、昭和3年には上渚滑での生活を題材とした「北の開墾地」を発表して、和訓辺には暮らした家屋が近年まで残っていた。
陸男墓碑/西辰寺
 さて、余談ではあるが筆者の一族も当別からの再転住であり、同じく上渚滑に住まいしたが、陸男の兄と私のオジはいっしょに働き、父が甥と知り合いで、私も他の親族と同じ職場で働いたことがあり、陸男の初期の作品「開墾地」は筆者一族が入殖した当別村の茂平沢を描いたと思われるが、斯く言う我一族も商売につまづいての再起組である。 
 この郷土を代表する文学作家の貴重な資料も、貸し出されたまま、回収されずに散逸してしまったことは非常に残念である。
関係した雑誌/右は陸男が編集長だった人民文庫


第117回 本庄陸男について    北海道の歴史,北海道の文化,北海道文化財保護協会,http://turiyamafumi.kitaguni.tv/

  

Posted by 釣山 史 at 23:42Comments(0)読書と北海道文学

2009年01月12日

書店と読書

やっぱり本が好き!!

































































































































































































第104回 読書と購読の現状  読書世論調査、読書調査、不読率、新聞の購読率、新聞の発行部数、書店数の推移、書店の分類、公共図書館の数、公共図書館の貸出数、司書、司書力、北海道の歴史,北海道の文化,北海道文化財保護協会,http://turiyamafumi.kitaguni.tv/  

Posted by 釣山 史 at 20:50Comments(0)読書と北海道文学

2008年08月17日

鴎亭先生、終戦前後のエピソード

迷い郵便、戦前・戦後
鴎亭先生のエッセイ

 私の心のふるさと「松前町」が生んだ偉大な芸術家、現代書の父・「金子鴎亭」。彼が終戦前後のエピソードを描いたエッセイ「貴重な資料の集大成」の生原稿を、折しも終戦の日の8月15日に入手した。
第74回鴎亭先生

北海道の歴史,北海道の文化,北海道文化財保護協会,http://turiyamafumi.kitaguni.tv/





































   

Posted by 釣山 史 at 08:35Comments(0)読書と北海道文学

2008年02月08日

エッセイ、バチラーの周辺者たち

歴史文学エッセイ
~「銀のしずく降る降る…」、バチュラーの周辺者たち

□有珠のバチュラー記念館
 貧しくそして社会的にも恵まれないアイヌ民族を庇護し、彼らのために学園を建設したバチラー博士は「アイヌの父」と呼ばれ、有珠のアイヌに生れて博士の養女となった向井八重子は、後に渡英して英国式の教養を身につけた才女であった。伝道師として生涯を神に捧げて同胞の救済に当った八重子、彼女の歌集「若き同族(ウタリ)に」はアイヌ民族の苦しみを日常の折々に詠んだものである。
 八重子は「万葉集」の研究者で歌人・国文学者の佐佐木信綱や「アイヌ叙事詩ユーカラ」を世に紹介して知らしめた同じく国文学者の金田一京助らの知遇を得て、また、同じアイヌ歌人の違星北斗は平取聖公会での同士であり、その北斗が売薬の行商を行いながらアイヌの不遇を訴えた遺稿集の「コタン」は和人への告発に満ちていて、この平取でのバチラーらの活動は現在でも聖公会バチラー保育園として続いている。
 そして武田泰淳の「森と湖のまつり」は人種差別を底辺としたシャモとアイヌとの浪漫小説であるが、その中で『八重子さんはもとより謙遜なキリスト教徒でありますから、自分から、自分はイレスサポであるなどと、主張したことはありません。しかし私どもが考えると、彼女こそアイヌ同胞のイレスサポとも呼んでしかるべき、お姉様であります・・・』と語られている。

◆「若き同族(ウタリ)に」

 島々は 群れ居るなれど 他人の島 貧しきウタリ 寄るすべもなし
 亡びゆき 一人となるも ウタリ子よ こころ落とさで 生きて戦へ
 墓に來て 友になにをか 語りなむ 言の葉もなき 秋の夕ぐれ(逝きし違星北斗氏)
 言語学者 新村 出/北海の歌びと八重子バチュラー女子が、佐佐木金田一两先達の懇切によって初めて世に著はされようとする此の歌集は、女史のウタリにとつては、全く空前の試みではないのでせうか。その事が、女史及び其のウタリのために、單に慶ぶべきばかりか、言はば同族の「文學史」ともいふべき方面に特筆大著して然るべきはないのでせうか。
 
 友人にはプロレタリア作家で戦後に新日本文学会を創立した宮本百合子がおり、八重子の影響を強く受けた百合子は、アイヌ民族の悲惨な境遇を小説「風に乗って来るコロボックル」に著し、アイヌ部落での見聞を「親しく見聞したアイヌの生活」としてまとめている。
                                                  アイヌ保護学園寄宿舎
□知里幸恵の「アイヌ神謡集」
 バチラーの伝道師となった知里幸恵の叔母金成マツは八重子らとアイヌ伝道団を結成して布教活動を行っていた。旭川近文において祖母から口承文芸を受け継いだ幸恵はその資質を金田一に見出され、ユーカラの記録を始める。
 その集大成「アイヌ神謡集」の出版のために寄宿していた金田一宅で、校正を終えたばかりの大正11年9月に持病の心臓病が悪化、若干19才の早すぎる死であった。翌年に刊行された神謡集は、独・伊・エスペラント語にも翻訳されパリの文壇でも紹介された。弟の真志保は北海道大学教授、文学博士で言語学者である。

 ここでは稿本との比較をしてみた。
◆「神謡集原稿」(知里幸恵ノート)

 『あたりに 降るふる 銀の水 あたりに 降る降る 金の水・・』といふ歌をうたひながら 川に沿ふて アイヌ村の方へとまゐりました.そうしてアイヌ村に着きました
 北の大きな村.廣々とした村を見ますと.昔の貧乏者が今は金持になつてゐて 昔のニシパが 今はヱンクルになつてゐるやうです。
◆「アイヌ神謡集」
 「銀の滴降る降るまはりに、金の滴降る降るまはりに。」と云ふ歌を私は歌ひながら 流に沿つて下り、人間の村の上を 通りながら下を眺めると 昔の貧乏人が今お金持ちになつてゐて、昔のお金持が今の貧乏人になつてゐる様です。

 ・・・奏でるかのような、美しい旋律である。 

 第6回文学エッセイ


                               
  

Posted by 釣山 史 at 23:48Comments(0)読書と北海道文学