さぽろぐ

  文化・芸能・学術  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


2017年08月05日

北海道の捕鯨業の嚆矢


明治33年の留萌捕鯨場の景 北海道の捕鯨業の嚆矢、伊藤一隆が関係した大日本帝国水産会社のこと。石川県士族の斉藤知一が、明治17年に胆振国の室蘭・有珠の両郡、翌18年は後志国岩内郡で捕鯨を試みたが、鯨を恵比寿神と信奉する地元漁民の妨害に合い、同20年に天塩国羽幌へ転じた。明治21年には、国策によって設立された大日本帝国水産会社(のち帝国水産会社)が、根室・千島沿海でラッコ・オットセイ猟、捕鯨を試み、のち石狩国での許可を得て、また、羽幌での斉藤の事業を引き継いだ。こうして北海道内でも本格的な捕鯨が見られることになった。
第421号 北海道の捕鯨業の嚆矢     北海道の歴史,北海道の文化,北海道文化財保護協会,http://turiyamafumi.kitaguni.tv/

あなたにおススメの記事


同じカテゴリー(郷土の語り)の記事画像
紋別の歴史巡り 2/13
紋別の歴史巡り 1/13
滝上町の教育勅語謄本
もんべつ沖揚音頭
手本は二宮金次郎
月形町の神社にあった最古級の奉安殿
同じカテゴリー(郷土の語り)の記事
 紋別の歴史巡り 2/13 (2017-10-12 20:55)
 紋別の歴史巡り 1/13 (2017-10-06 19:11)
 滝上町の教育勅語謄本 (2017-09-15 21:26)
 もんべつ沖揚音頭 (2017-09-10 20:11)
 手本は二宮金次郎 (2017-09-03 04:16)
 月形町の神社にあった最古級の奉安殿 (2017-08-13 06:50)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
削除
北海道の捕鯨業の嚆矢
    コメント(0)