さぽろぐ

  文化・芸能・学術  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


2011年03月28日

福島県の興復社に学べ

◆相次ぐ飢きんの窮乏から復活した十勝の「興復社」

 二宮尊徳の教えを実践し成功させた豊頃町の二宮地区の農民は、この大震災で被災した福島県の岩城、相馬からの団体移住者の後裔である。

 「二宮尊徳」の弟子であった相馬中村藩の「富田高慶」は、天明・天保の飢きんで疲弊した藩領を立ち直させるために、尊徳の「報徳仕法(御仕法)」の導入を提言、勤労・分度・推譲を基本理念に、経済の復興と安定を図った。
 報徳仕法とは、各自に見合った支出の範囲・限度を定め、その余剰を将来に向け、他人のために拠出すること。誠実な心を持って勤勉、質素倹約し、凶作・災害に備えたのである。
 この御仕法の実践は、
 ・勤勉者を表彰するなどして労働意欲を向上させる。
 ・お金や農具を与えるなど困窮者を救済する。
 ・堤防や用水路の新修築を行う。
 というものであったが、明治4年の廃藩置県で廃止され、それは富田高慶が社長となった「興復社」による磐前県内(のちの福島県)の開墾事業として引き継がれたが、維新の改編期の混乱もあり、開墾料の返納金(報徳金)の未納によって資金難となり、同20年には事業の一切を中止せざる得なかった。
 二代目の社長となった尊徳の孫の「二宮尊親」は、県下の困窮民の活路を、新天地の北海道に求めて自作農を行おうと、明治29年に北海道各地を視察・探検し、開墾地を十勝の牛首別原野(現豊頃町)に選定した。翌年には自ら15戸を率いて入殖し、10年後には、移住戸数160戸958人、開墾地844町歩の一大農場を形成した。十勝の先住者の依田勉三や関寛斎とも交流があった。


豊頃町二宮地区にある二宮尊親の墓碑と胸像






















供出から戦後に再建された豊頃小学校の二宮金次郎像




















第232回 復興に向け、ガンバレ東北        北海道の歴史,北海道の文化,北海道文化財保護協会,http://turiyamafumi.kitaguni.tv/
   

Posted by 釣山 史 at 06:09Comments(0)北海道の歴史

2011年03月22日

代用品の金次郎

忍びがたきをしのび、耐えがたきをたえ
~日本の復興を二宮金次郎に学ぼう

◆二宮金次郎(尊徳)の像
 道徳を尊び、経営実学を実践した「二宮尊徳」の報徳思想は、勤労(単に勤勉なのではなく、社会に役立つこと)、分度(将来に向けての余剰を図ること)、推譲(分度の余剰を拠出し、相互扶助、ひいては国づくりのためとすること)の3点を基本理念とし、私利私欲が無い社会貢献は、いづれ自らに返ってくると説いたことから、戦前は、勤勉実直、質素倹約の模範として、また、国のため、国家主義の象徴として利用されたりもし、各地の小学校などに銅像が建立された。
 弟子屈町の高齢者が今に語るところ、『わたしの集落の小学校にも、昔は二宮金次郎の銅像があった。それはオジが戦死していただいた死亡一時金を、遺族が国への奉公の証しとして、地域に還元しようと建設したのであったが、やがてそれまでもが供出されてしまい、ひどい時代であった。』と云う。
 ここの昭和19年に建設された旧北鹿追小学校の二宮金次郎像は陶製で、いわゆる当時の「代用品」が現存するめづらしいもの。
◆戦時の代用品
 環太平洋の「ABCDライン」による経済封鎖から太平洋戦争に突入して、それが激戦化、長期化すると資源のない日本国内は、あらゆる物資が不足した。
 特に金属製品は、お寺の鐘や銅像はもちろん、日用品までもが「供出」され、兵器さえもが木製や陶製の「代用品」に置き替えられて行く。それは木製戦闘機や1銭陶貨、10銭陶貨などが良く知られており、陶製のくぎ、ボルトとナット、陶製手榴弾、陶製地雷などもあった。
 この時代は、特に家庭用品としての陶製品の製作技術が著しく発達し、缶詰、フォーク、ナイフ、栓抜、羽釜、ガスコンロ、湯たんぽ、水筒、アイロン、学生服ボタン等々、陶製の鏡もちが登場して、神社で使われたりもした。








第231回 復興に向け、ガンバレ日本        北海道の歴史,北海道の文化,北海道文化財保護協会,http://turiyamafumi.kitaguni.tv/
  

2011年03月09日

川崎船とホタテ船



































































































































 興味深い「貝殻引き」 鳥取県民謡 貝殻節 何の因果で 貝殻こぎなろうたカワイヤノー カワイヤノー 色は黒なる 身はやせるヤサホーエイヤー ホーエヤエーエ ヨイヤサノサッサ ヤンサノエーエ 浜村沖から 貝殻が招く カワイヤノー カワイヤノー 嬶(かか)よ飯炊け 出にゃならぬ ヤサホーエイヤーホーエヤエーエ ヨイヤサノサッサヤンサノエーエ 鳥取県では、貝のことを貝殻と云い、貝殻のことは貝殻の皮と云う らしい。 昔の帆立貝(イタヤガイ)の漁労を歌った、鳥取県は浜村温泉の“民謡・貝殻節“は、余りにも有名である。あと、古くからのイタヤガイ漁で知られるのが石川県であり、今のような精製された乾貝柱は、鳥取県が最初と云われ、近代的なトロール漁業の先進地でもあり、石川県では古くから「カレイ引き」が行われていて、また、現在のオホーツク海での「ホタテ桁網漁業」の基礎を作ったのは、石川県人だとも云う。 さて、明治に入って、貝引き船を巧みに操った石川県人は、北海道各地に出稼し、特殊な技能集団を形成していたもので、非常に興味深いものがあるが、しかし、ニシン漁労のような、この分野での研究は、余りなされてはいない。 ホタテ漁の漁業集団としての考察 和人から見た蝦夷地の開発は、まずは海産物を中心としたアイヌ人との交換交易によるものだったが、当初は対等であったものが、次第に和人の収奪的、アイヌ人の従属的なものとなり、大商人による場所請負制度が確立すると、昆布漁やサケマス漁などへの労力として使役され、非常に過酷なものとなってしまった。そして、いわゆる「俵もの」と呼ばれた重要な輸出品の多くが蝦夷地より、北前船によって送られたものだった。 江戸時代の後期には、「ニシン漁」が盛んになり、「江差の春は江戸にもない」と歌われて、明治・大正のニシン御殿にも見られるような華やかな文化が花咲いたが、これら内地からの地縁・血縁による出稼ぎ集団は、母村からの文化と風習を道内に呼び込んだ。 いっぽう、ホタテ漁を代表とするオホーツク海の「桁網漁業」は、明治に入って石川県人などの北陸衆たち技能集団によって開発されたが、この分野における研究は余りなされていない。 ◆ホタテ漁業の発祥は? 鳥取県では、貝のことを貝殻と云い、貝殻のことは貝殻の皮と云うらしい。 昔の帆立貝(イタヤガイ)の漁労を歌った、鳥取県は浜村温泉の“民謡・貝殻節“は、余りにも有名で、毎年8月には「貝殻節祭り」が行われている。 今のように精製された乾貝柱は、鳥取県が最初と云われ、また、若狭湾では、古くから「カレイ引き」が行われていて、イタヤガイ漁も盛んだった。 そして現在のオホーツク海での「ホタテ漁」の基礎を作ったのは、この石川県人等であり、明治に入って川崎船による桁引船を巧みに操った石川県人は、北海道各地に出稼し、特殊な技能集団を形成していたのだった。 出稼ぎするときには、船一艘に男が5人、女は4人くらいが乗り、作業用のニシン釜ほか道具や身の回り品を船に積んで、乾貝柱の煮炊き用の燃料は現地で調達した。 ◆小樽船団の千歳川下りと川崎船 当初の帆立漁の中心は後志であったが、乱獲から明治20年代後半には、早くも小樽を基点として全道に回航するようになった。大正6年のお話として、祝津15艘、高島7艘の船団が日高まで出漁し、「紋別八尺」を使って大漁したと云い、終漁後は、勇払川をさかのぼり、千歳川・石狩川を下って小樽へ帰ったという逸話が残っている。このように余りに小樽衆が巧みに操船するので、猿払などでは、資源の枯渇を心配して入漁を拒否するようになってしまった。船は、小さいので、こぎ手2人に船頭が1人、普通は、こぎ手が4人と船頭1人の5人組だった。 この走行性に優れた「川崎船」を巧みに操った漁業集団を「川崎衆」と云い、それは河口に住み『川の先』で漁を行うからとも云う。その発祥には諸説があり、有力なのは新潟県、あるいは福井県などが考えられる。 道内において明治20年代に広まった「川崎船」は、当時の道庁の記録によると『越前、越後、庄内、津軽の種々があるが大同小異、その中で若干、勝っているのが越前の川崎船である』としており、道庁では同22年に、それら各地の得失を勘案した「改良・川崎船」3隻を建造した。 小樽や釧路などに新潟県人が多いせいか、北海道では、川崎船はオラガ新潟と良く言われるが、明治末期から大正期には、補助を受けた「改良・川崎船」が、たくさん新造されるようになって、全国各地の得失を取り入れた北海道型が多く見られるようになった。 ◆最後に 北海道へ移住した漁民の出身地は、青森、秋田、新潟の順に多い。明治に入ってニシン漁で活躍した人物には青森県人があり、先にも述べたが、川崎衆には新潟県人が多く、雇われの乗り子には秋田県人が目立つ。しかし、割合は大きくなくても、北陸人が北海道の漁業へ与えたものは大きく、実際、明治中期までは、北陸人の比率が高かった。 また、お気づきのとおり、ホタテ漁業者を共通するひとつの集団と考えるとき、①曳き船の得意な集団、②川崎船団としての集団のふたつの括りが見えて来る。このうち「川崎衆」は、ホタテ漁、小手繰漁、そして蟹工船事業に関係する重要なファクターであっても、その川崎船の発祥自体が未だナゾとされ、これらの関係性の解明が待たれる。 躍進北見 人物と事業/昭和15年から 昭和初年頃の湧別浜? 明治22年の調査 北海道水産予察調査報告/明治25年 明治時代の漁民の入殖者と小樽高島船団の出稼ぎ 小樽ホタテ船団(川崎船)の活躍範囲(明治37年~昭和16年) 新高島町史/昭和61年 北海道移民史/昭和9年
第230回 最初期のホタテ漁        北海道の歴史,北海道の文化,北海道文化財保護協会,http://turiyamafumi.kitaguni.tv/
  

Posted by 釣山 史 at 08:04Comments(0)北海道の歴史

2011年03月07日

北海道とオホーツク海

 ○北海道ができた日、北海道とは それまでエゾ地(エゾとはアイヌの人たちのこと)と呼ばれていたものを、1869年(明治2年)の8月15日に北海道とし、11ヶ国を置きました。 北海道とは、北の加伊(カイ=この国に生まれたもの、自分たち)という意味で、それに、すでに使われていた地方名の「東海道」とか、「南海道」とかにならって、「北海道」ということにしました。 ○オホーツク海 ロシア語で、シベリヤのオホータ川にある町という意味からオホーツクといいます。また、江戸時代には、和人(日本人)は、稚内から知床までを北海岸といって、明治になってからは、オコツク海などと呼んでいました。 ○紋別市のこと 紋別は、アイヌ語で「モウ・ペツ」=「静かな・川」という意味です。昭和29年7月1日に3つの町と村がひとつになって、紋別市となりました。ホタテやサケがたくさん取れ、そしてカニの輸入が日本一など、水産業(漁師さん)とそれらの加工業、そして酪農業(牛飼いさん)が盛んで、ガリンコ号やオホーツクタワーなどの観光にも力を入れています。かっては東洋一の大金山があったことでも知られています。






























































 第229回 アムール河とオホーツク海、北海道の名前の由来        北海道の歴史,北海道の文化,北海道文化財保護協会,http://turiyamafumi.kitaguni.tv/
  

Posted by 釣山 史 at 12:10Comments(0)郷土の語り