さぽろぐ

  文化・芸能・学術  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


2010年10月31日

北見のハッカ(再)

北海道の薄荷栽培





































































香るミントの風~北見ハッカの元祖を追う 開墾が始まったばかりで、交通不便な奥地においては、収穫物としてのハッカの取卸油は運搬がたやすく、また、北見の気候風土にたいへん良く適したことから、この地方に瞬く間に広がって行きました。こうして世界の産出の大よそ7割を占めるようになった「北見ハッカ」は、いったい何時で、誰が最初に栽培したのか?、諸説ふんぷん、その最も有力と云われる人物さえも、その正確な氏名やお墓の所在さえ、分からなくなってしまいました。当地の開拓期の先鞭となり、昭和40年代まで大いに興隆を見たハッカ栽培の元祖を、今、あらためて追ってみます。夏毎に我家の庭には風香るミントの花が咲く。かっては世界の7割強を産出した北海道のハッカも今はわずかに網走管内に見られるだけで、そのほとんどを産出した「北見ハッカ」の濫觴は、実に我が紋別市にあると云う。北海道のハッカの発祥は明治17年の門別村と口伝され、翌年には八雲村の徳川農場で栽培されたが、本格的な耕作の開始は同24年の永山屯田兵村の山形県人・石山伝右衛門によるもので、ここから湧別村へと「渡辺精司」が移植したことから、よって以後の道内のハッカは、ほとんどが山形系になった。この「北見ハッカ」の発祥には諸説があり、「渡辺精司」の氏名もマチマチに伝えられ、また、長い年月のうちに、そのお墓の所在も分からなくなってしまった。河野常吉によるところでは、最初に北見地方へ種苗を移入したのは、同じく湧別村の高橋長四郎と有地護一、腰田兼松らによる明治31年と云い、『渡辺精司を湧別薄荷ノ元祖ト云フモ渡辺ヨリ其苗ノ擴マリシヲ聞カズ』としているのは、調査時の湧別村の主な栽培地は高橋から導入した芭露であって、この時に渡辺は上芭露郵便局長であったから、渡辺の地元では高橋からの導入によるものという河野の誤認であった。さらに湧別村への渡辺の移住も定かではないが、明治26年には湧別原野が開放され、また、「北海道實業人名録」では、前住地に経営する商店の名義を同年12月付で倅の「精一」としており、当時の交通事情ほかを考えると、同26年の秋までには移住していたと推測されるが、有力な記録として同年5月に湧別村へハッカ苗を移植したのだと云う。 本道の薄荷栽培 中略 本道に於て始めて薄荷の栽培を試みたるは今を距ること二十年前及ち明治二十四年頃にして石狩國上川郡永山屯田兵村移住山形縣人石山傳兵衛を以て嚆矢とす越て同二十六年五月福島縣人渡部精司之か苗根の分與を受けて北見國湧別に移植し同國地方に於ける蕃殖の基因をなしたり明治三十年上川郡の産額始めて統計上に上り三十四年に至りて上川は一時休止し北見國湧別を計上し、三十五年に同野付牛並びに上川を示し 略 殖民公報第六十四號/明治45年 そして渡辺が開拓地の選定のためにオホーツク沿岸を探査中、藻別村(現紋別市)のモベツ河畔に自生する野生のハッカに着目し、それを試験的に精油したのが明治24年のことで、これが「北見ハッカ」の濫觴となって、後に当市でも試験栽培を行ったらしい。それは明治廿五・廿六年紋別郡土地貸下臺帳に『紋別村ヲンネナイ 原野千五百坪 借地人福嶋縣渡邉精司 目的地目畑地 指令明治廿六年三月三日』とあるから、やはり北見入りは、明治26年で間違いないところだろう。さて後年、芭露と並んで「渚滑ハッカ」と云わしめたのは、高橋と共に栽培に専念した湧別村の植松一族が渚滑村(現紋別市)へ再転住し、ハッカの栽培と買付けを行ったからで、その集落には、近年まで通称「ハッカ御殿」いうものが残っていた。それでは野付牛村(現北見市)の栽培開始はいつかと云うと、昭和11年の「屯田兵村現況調」では『明治三十五年下湧別村ヨリ移入シ栽培シタリ』とあるが、既に明治33・4年頃には導入されていて、また、明治37年の日露従軍の際に野付牛村の茂手木が先の石山の子息からハッカの話を聞き、戦後に至って永山村から導入した逸話も残っており、北見地方で栽培が広まったひとつの理由に、日露戦争での屯田兵間の情報交換があった。最後に昭和8年に「北聯薄荷工場(現北見ハッカ記念館)」が創業する以前の大正13年には、すでに遠軽において「北海道薄荷製造株式会社」なるものが、建設され精製されていたことは余り知られていないが、また、年月を経て移転不明となっていた「渡辺精司」の墓所も今はゆかりの上芭露墓地にあり、そこには「渡部家」とあって直系のご子孫は函館市にお住まいである。 明治42年に紋別の上藻別原野へ入った福原浅吉は、鴻之舞金山発見の端緒となった八十士砂金山での現場監督であり、人夫の栄養不足によたる脚気に対応するめ、農場を開設したもので、後に一族が手広くハッカを商い、「ハッカ福原」と称されて、部落はハッカ栽培による景気に沸いた。昭和8年に旧紋別町の産業組合が事業を開始した時、藻別川沿線から上鴻之舞、弘道、志文にかけて盛んに作付されていて、その収穫高は全組合産額の凡そ8割に上ったと云う。 旧北聯事務所(北見ハッカ記念館) 当時の北聯薄荷工場 網走支庁管内概況/昭和9年 それまでの3倍の効率を上げた田中式薄荷蒸留釜 置戸町立郷土資料館 現在の仁頃のハッカ 渡部家墓碑 北海道薄荷製造株式会社資料/遠軽町郷土館蔵 北海道/旭川新聞社/昭和15年 検査要覧/北海道農産物 検査所/昭和12年 戦前の大手ハッカ商社の広告 野付牛薄荷検定所・左下、見本の抽出・左上、北工試式ボイラー蒸留機・右上 選別と荷造・左下、圃場の審査・右上 福原政五郎のハッカ油分水器/紋別市立博物館蔵 薄荷畑元祖は祖父よ開拓史 渡部清三著/句集「雪の音」より













第214回 世界を席巻した網走地方の薄荷      北海道の歴史,北海道の文化,北海道文化財保護協会,http://turiyamafumi.kitaguni.tv/
  

Posted by 釣山 史 at 17:44Comments(0)オホーツクの歴史

2010年10月31日

告ぐ! わがマチを知れ!!

集え、温故知新!5

地域文化、遺産の活用事例
北見・仁頃はっか公園           再開発計画がある網走旧造船場の捕鯨船    
 事業仕分けではないが、世間で、官公所の無駄な公共施設の建設や過大な公共工事などが叫ばれるようになって久しい。
 一方では、開発という名のもとに旧態依然としたスクラップ・アンド・ビルドを求める風潮も、未だ残っていて、そして国民は、経済最優先の物質主義的な消費文化からは抜け切れないまま、地域が疲弊、衰退するなかで、他方では各地で産業の活性化と再開発が唱えられている。このオホーツク管内でも、話題となっている北見の市庁舎と図書館の移転問題や網走河畔の旧造船場の再開発計画、紋別の中心商店街の再整備計画などがある。
 個々人を尊重する余りに、地域や職域との繋がりが希薄となり、家族関係すら歪なものとなってしまった現代社会において、今、最も求められているのは、金銭的、物質的な豊かさよりも、安心して暮らせるチョッとした心のゆとりではないのか。日本国憲法第二十五条に「すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。」とあるではないか。
 糊口(生計)のためだけの開発ではなく、生(活)きるための政策であってほしい。活きるための拠りどころ、依代たるマチであって欲しい。
 むしろ心優しく安穏に暮らせる文化的な生活の創出こそが望まれるのではないか。いま一度、チョッとだけ立ち止まって、見渡してみる、見返してみることも必要であろう。我が身の依代たるマチを知り、本当の意味で活きたマチづくりを願いたい。今こそ、郷土愛を!!

~君は郷土を愛しているか!!
①あなたのマチの好きなところは、嫌いなところは?
②あなたのマチの良いところと悪いとことは?
③あなたのマチの特徴は、他に無いところは? 
 ・悪い足りないは言いやすく、良いところをあげることは難しい。
 ・良いところを具体的、かつ詳細に、幾つ語れるか?

再度きく、君は、本当に故郷を知っているのか?

~マチの成り立ち、今の有様を、解説が出来るか?
①我マチの良いところのPRが出来るか?
②他のマチに無い、何か自慢を出来るか?
③将来像、あるいは夢を具体的に語れるか?
 ・余りに郷土について無関心ではないのか。
 ・このマチが、どう発展して来て、何が衰え、何を失ったか、今、具体的に何が必要なのか?
 ・また、表面的な一般論に終始していないか。


地域文化、遺産の活用事例
遠軽・白滝ジオパーク構想           紋別の中心・道路元標
 













 第 - 回 
  

Posted by 釣山 史 at 10:51Comments(0)持論、討論

2010年10月25日

カニとホタテの話し

オホーツクもんべつの食育
 紋別のカニとホタテ(まとめ)





































































オホーツク三大ガニのまち 今から何十年も昔に見られた紋別の風物詩に「カニ拾い」がある。流氷が去って漁が始まる3月から4月の頃に、「毛ガニ」がうじゃうじゃ砂浜に上がって来て、1斗ガンガンでひとつ2つとたくさん獲れた。紋別地方では大正5年から缶詰製造が試みられ、翌年からはカニ缶用に盛んにカニ漁が行われたが、それはもっぱら移出用の「タラバガニ」で、小型の「毛ガニ」は商品価値に劣った。当地でも「タラバ缶」が造られるようになったのは大正13年のことで、これが紋別での本格的な缶詰製造の始まりである。しかし、乱獲からタラバガニの資源が急激に減少してたびたび禁漁になると、「毛ガニかご」が開発されて、昭和10年頃からは「毛ガニ缶」も作られるようになり、その後の昭和40年頃からは姿の「煮ガニ」や「活ガニ」へと変って、今では「毛ガニ」も高級品となった。「ズワイガニ」は、昭和30年代に沿岸で若干が漁獲されていたが、地元ではほとんど食べられず、同39年から主に道外向けに沖合底びき網船が漁を本格的化し、沖合、そして遠洋へと拡大して、道内他地域に比べても早くに毛ガニに代わるカニ缶として盛んに加工されるようになった。さて、カニ缶の製造と云えば「小説・蟹工船」が良く知られるが、「蟹工船・博愛丸」の船主として、そのモデルとなった人物が紋別にいた。彼は大正8年に、それまで試行が繰り返されていた船内でのカニ缶の製造ラインを完成させ、以後の同業の勃興を生んだ立役者であり、自らも同12年に蟹工船事業に着手したもので、博愛丸事件が起こったのは、大正15年である。その後、水産局の役人となっていた昭和4年に、地元の要請を受けて道内でも2番目という、紋別地方で初めての冷蔵庫の建設に尽力、また、当時、盛んであった海外向け缶詰製造を当地で手掛けるなど、道内各地の水産業に残した業績は大きく、彼の一生は、そのまま日本の缶詰史だったと云えよう。6月22日は『カニの日』 6月22日は「カニ座の初日」で、五十音順ではカは6番目、ニが22番目だからだそうだ。さて、紋別では流氷が去り、毛ガニとタラバガニ漁が始ると春の訪れで、そして当地は、ズワイガニを中心としたカニの輸入が、4年連続日本一の『カニのまち』である。紋別漁協は、毛ガニに『北海道・オホーツク紋別』のタグを取り付けて品質を保障し、『洞爺湖サミット』ではディナーにも使用されて話題となった。 紋別のタグ付き毛ガニ もんべつの帆立貝~当地のホタテ漁の歴史 北海道を代表とする北海道らしい魚介類としては、古くは「三魚」と云われたサケ、マス、ニシンや「俵もの」と呼ばれる中国向けのいりこ、干あわび、コンブなどがあり、北海道の特産品であるホタテも、すでに幕末には干貝柱として登場し、明治に入って盛んに中国へ輸出されて現在に至っている。蝦夷地を北海道と名付けたことで知られる松浦武四郎が、その頃の寿都のアイヌ人の民話として『たくさんの海扇(ほたて) が、フタを帆にしてやって来た』と記しており、箱館奉行所の栗本鋤雲も、「蝦夷の三絶」のひとつとしてホタテの干貝柱をあげている。また、あのペリーが箱館に来航したとき、珍しいとホタテの貝殻をアメリカに持ち帰って、それは後の1857年にJohn.C.Jayによって、学名 Patinopecten yessoensisと命名されたと云い、yessoensis とは「蝦夷」のことで、蝦夷櫛皿貝=北海道の櫛柄の皿のような貝を意味する。さて、一説に紋別では明治13年頃、盛んにホタテを漁獲したと云うが、これはナマコ漁での、混獲によるものと思われ、専業的にホタテ漁が始められたのは同25年からであり、この初期のホタテ漁の中心は小樽方面から廻航した石川県人などの北陸衆で、川崎船によるものだった。また、別の記録では『明治26年、青森県人・握味久之助が高島から八尺を持てってきて漁を始めた』ともあって、こうしてホタテ漁は北見地方を代表する一大漁業となり、昭和10年の当地での水揚げ15,691㌧は、戦後の長い間、日本記録であった。しかし、ホタテ漁は当初から乱獲などで、好不漁と禁漁を繰り返し、昭和9年にサロマ湖で開始した採苗試験は同11年から大掛かりなものとなって、これを「地まき」したのが管内のホタテ増養殖の始まりであり、その後、紋別では現在の基礎となる実証的な試験が何度も繰り返された。そうして昭和49年、50年には休漁にして稚貝を本格的に放流し、同51年からは4年毎の輪採制として再開されて、このようにホタテ漁は次第に増産・安定した。最後に大正の中頃には既に「紋別八尺」が広く知られていて、それまでの爪の長いマグワ桁網とジョレンとを組み合わせた5本爪のホタテ専用の鉄製漁具は、今もある小樽の「一鉄鉄工所」が開発したものである。 北見國紋別郡内漁業實況/北水協會報告第七拾七號/明治26年 北海道漁業冩眞帖/昭和12年 ホタテ桁網(通称:八尺) タウリン 食育のすすめ 魚食のすすめ 総合学習 ホタテの歴史 カニの歴史 




































第213回 紋別の漁業を知ろう      北海道の歴史,北海道の文化,北海道文化財保護協会,http://turiyamafumi.kitaguni.tv/

  

Posted by 釣山 史 at 19:10Comments(0)紋別の歴史

2010年10月23日

産業考古学会全国(江別)大会2

産業考古学会
 産業考古学とは、幕末以降、明治の殖産興業を経て発達して来た産業技術や文化財的建造物、構築物、図画などを調査・研究し、その保存と活用を行うもの。その産業史は、生活史や民族史へも繋がる。
 産業考古学会は、この10月9日から12日までの間、江別市の酪農学園大学において産業考古学会全国大会を開催し、道央を巡見した。

網走集治監の瓦と樺戸集治監のレンガ/江別市セラミックアートセンター





旧ヒダ・レンガ工場
◆江別のレンガ
 江別市でのレンガ製造は明治24年に始まり、現在でも広く全国に流通しており、市内には、学校、サイロ、倉庫など、多くのレンガ古建築が残されている。「江別市セラミックアートセンター」では、これらの歴史を学べ、この「旧ヒダ工場」は、レンガ文化のシンボルとして「江別グレシャムアンテナショップ」となっている。

◆江別市郷土史料館の戦闘機
 金属の調達に窮した旧日本陸軍は、昭和19年に王子製紙工場での木製戦闘機の製作に取り掛かり、「四式戦闘機・疾風キ-106」3機が完成した。完成機は、終戦時に飛び去ったと云われ、同館には、関係者によって密かに保管されていた設計図のほか、風防、車輪などが展示されている。

◆住友奔別炭鉱立坑櫓
 昭和35年に建設された高さ約51m、深さ750m、規模も技術的にも東洋一と云われた立抗。立坑の密閉作業中の爆発事故がで5名が亡くなり、事故の様子とともに石炭生産の過程が、そのまま残されている貴重なもの。


◆北炭幌内炭鉱変電所
 ライマンが指導した北海道の最初期の炭鉱で、大正8年頃の建設と云う。レンガ造りの建屋と屋外変電施設は、現在、「三笠炭鉱の記憶再生塾」の活動拠点となっている。




◆百年前の蒸気トラクター
 スガノ農機㈱が運営する世界のプラウと土の博物館「土の館」には、明治35年カナダ製の蒸気トラクターや北海道で最初に輸入されたトラクターなど、農機具のあれこれが展示されている。また、十勝岳の大噴火からの復興など、農耕の歴史が学べる。





第212回 産業遺産の旅      北海道の歴史,北海道の文化,北海道文化財保護協会,http://turiyamafumi.kitaguni.tv/
  

Posted by 釣山 史 at 10:02Comments(0)北海道の歴史

2010年10月17日

網走のトーチカ2

帽子岩のトーチカ
 網走港の入り口、帽子岩にあるトーチカ跡。側壁に「昭和十九年七月 北部五二四一部隊」とあるらしいが、落石と風化による傷みが著しく、天井は陥没して、もはや中を確認することは出来ず、近づくのも危険である。網走市内には、8箇所があると云う。








































第211回 北海道内のトーチカ      北海道の歴史,北海道の文化,北海道文化財保護協会,http://turiyamafumi.kitaguni.tv/


  

2010年10月12日

産業考古学会全国(江別)大会1

紋別の遺産を全国に売込み この10月9日から12日まで、江別市の酪農学園大学において産業考古学会全国大会が開催され、当地の産業遺産である鴻之舞金山を紹介した。北海道文化財保護協会地域通信員で同学会員である私・釣山が、道内での全国的な大会を好機と、手作りの資料やオホーツク圏観光連盟のパンフレットなどを展示、配布したもので、参加した研究者らは『鴻之舞の石』に興味津々、また、くろさわ菓子舗の『銘菓・鴻之舞金山』が無料で振舞われた。学会では長引く景気の低迷から地方の公共団体は疲弊し、民力も著しく低下、産業遺産の保存活動は、ますます難しくなっており、曲がり角にある。新たな法の整備や活動の展開、若手の活動家の参加と育成の必要性などを討議した。会場では、金山跡の写真集や上藻別駅逓保存会の活動が紹介でき、また、初代ガリンコ号の保存までの経過をお話した。北海道産業考古学会の山田大隆会長は、駅逓保存会の皆さんの活動を高く評価されていて、これを機会に当地の全国へ向けたPRの弾みにしたい。



















































第210回 鴻之舞金山跡を全国へPR      北海道の歴史,北海道の文化,北海道文化財保護協会,http://turiyamafumi.kitaguni.tv/  

Posted by 釣山 史 at 06:53Comments(0)トピック

2010年10月04日

北海道の奉安殿一覧

継続中の奉安殿と教育勅語の現存調査(経過報告)


 ~第244回へ更新し、移転します。




第209回 教育勅語と奉安殿      北海道の歴史,北海道の文化,北海道文化財保護協会,http://turiyamafumi.kitaguni.tv/