さぽろぐ

  文化・芸能・学術  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


2012年09月29日

釧路と十勝の戦時遺産の旅 2/3

ちょっと右寄り、太平洋岸、道東に残る戦時遺産の旅 2/3





















































ああああ



白糠町公民館図書室(上茶路遺跡の遺物)  ◆浦幌町、豊頃町 国道38号線沿いのJR直別駅から道道直別共栄線を通って海岸へ出たところ、白糠丘陵が舌状に浜へせり出した国史跡のオタフンベチャシ跡がある。オタ・フンベとはアイヌ語で砂・クジラの意。壕で囲まれたチャシは古記録にも表われ、道内各地に残る「寄りクジラ」伝説に関係する砦跡だ。 ・道内に残る「寄りクジラ」伝説 アイヌ人の戦い(一方がオロッコの場合もある)において、夜間に砂でクジラ型の小山を作り、そこに魚を置いた。翌朝、群がる海鳥を見て、クジラが打ち上がったと思い、喜び勇んで無防備に砦から出て来た敵方を待ち伏せにして不意打ちにしたという…、ほかに枝幸や知床のウトロなどに同様の伝説がある。 (浦幌町) オタフンベチャシ跡 (豊頃町)トイトッキのトーチカ 浦幌町に入った辺りからお天道様がてかてかと照り出した。ようやくガス体を抜けたらしい。気持ちがイイくらいの真っ青な空である。共栄の三叉路で、ゆでとうきびを買う。とっても美味しゅうございます。 さて、十勝川と浦幌十勝川の間に位置する北海道指定文化財・大津海岸トイトッキ浜野生植物群落にあるトイトッキトーチカ。比較的大型であり、複雑なつくりである。保存状態は良い。 浦幌町直別 オタフンベチャシ跡 JR直別駅を過ぎ、道道直別共栄線で海岸線に入ったところ。厚岸アイヌ(北見アイヌとも)が白糠アイヌを攻めたときの白糠軍の砦跡だという。 浦幌町字桜町 浦幌町文化会館 時間が足りません。立ち寄らず。 国道336号、豊頃町大津海岸 トイトッキトーチカ 旧十勝川河口東岸にあり。妙にお社とコラボしている。中には入れなかったが、比較的大きく封雑なつくりのよう。指揮所跡か? 大樹町旭浜 旭浜トーチカ群 旭浜漁港から歴舟川方面の海岸にかけて列をなすトーチカ群は壮観だ。大樹町ではトーチカ・マップを作成しており、参考にして欲しい。現存15カ所を全て回るには、かなりの覚悟が必要だ。 ◆大樹町その1 大樹町では、15カ所でトーチカが確認できるという。戦後も約70年を経て、最近ようやく、この手のものに対するアレルギーも薄まり、観光が目的ではあっても、これらを歴史遺産として保存しようとする動きが見られるようになって来た。大樹町や広尾町などでは、周辺整備を行うなど、積極的に活用しようとしている。 はるかに続く旭浜トーチカ群は有名であり、予報外れの好天のなか、腰痛持ちには起伏のある砂利浜の歩みはきつく、4つの見学(内陸部の1カ所と合わせて5カ所)で精いっぱいでした。とにかく暑かった~、はるかに続くトーチカの列 (大樹町)旭浜のトーチカ群 温泉 宿泊施設 開湯は昭和55年という、比較的、新しい晩成温泉は、ホロカヤントーや生花苗沼などがある原生花園の中に位置し、夏のキャンプや秋のサケ釣りで知られている。 当初は、ナトリュウム塩泉をうたっていたが、平成16年の産業技術総合研究所の調査により、ヨウ素を高濃度に含有する国内でも稀な温泉であることが分かった。とても体が温まる。笹原に海岸にと探索し、切り傷、虫刺されも沁みないとってもマッタリの良い湯です。レストラン、休憩室を完備。別棟の宿初施設は、朝食に軽食がついてナント一泊3千円です。 ○泉 質:ナトリウム塩化物泉、pH7.8、ヨウ素イオン12.2ppmを含む ○源 泉:18.0℃、湧出 310L/分 *加温、濾過、循環式 ○営 業:(日帰り)10時00分から21時30分まで ○休 館:4月~9月は第2・4火曜日、10月~3月は毎週火曜日 ○料 金:大 人500円、中学生300円、小学生200円 ○問い合わせ:℡01558-7-8161/Fax01558-7-8160 ・晩成温泉宿泊施設「原生花園」 ○宿泊料金:高校生以上3,000円、中学生2,000円、小学生2,000円 ○食事:夕食は温泉施設の食堂を利用、朝食はトーストセットが込みこみ。













第313回  太平洋岸、右寄りの旅2           北海道の歴史,北海道の文化,北海道文化財保護協会,http://turiyamafumi.kitaguni.tv/
  

2012年09月23日

釧路と十勝の戦時遺産の旅 1/3





















































あああちょっと右寄り、太平洋岸、道東に残る戦時遺産の旅 1/3 9月15日金曜、仕事を終え、夕6時過ぎに自宅を出立、明後日は天気が崩れるとの予報から、明日中にできる限り回らなければならない。この数年、奉安殿や教育勅語謄本の現存調査を続けており、今回、ある方が私のブログを見て、白糠にも奉安殿があると教えて頂いたので、まずはこれの探索と昭和33年に建築された旧音別町役場庁舎の確認が目的ある。 北海道建築士会から協力依頼を受けた戦後間もない頃の非木造建築物とは、戦後の昭和25年5月に建築基準法が制定され、その最初期の工法によるRC造りを調査しようとするもので、その現存確認の予備調査である。良質なものは、次世代の文化財候補ともなろう。そうして後はオマケでトーチカを・・・、 さて、ほとんど信号につかまらず遠軽市街を通過する。快調。その勢いで、途中、北見での休憩予定を変更していっきに美幌へ走る。美幌温泉は、夜は10時までの営業だ。10時少々前には温泉を出た。ア~あんのん快適。ところが峠下にかかるころから次第に霧が強くなり、ワイパーが必要なくらいの濃霧に濡れて視界が全く遮断される。道の駅の駐車場へ避難した。駐車場の出入口でさえ確認が困難である。車中で就寝。 1日目 紋別⇒美幌温泉峠の湯⇒美幌峠⇒釧路町⇒釧路市⇒白糠⇒音別⇒浦幌⇒豊頃⇒大樹旭浜⇒大樹晩成温泉(宿) (釧路町) 昭和6年竣工の岩保木水門  (釧路市) 新大楽毛のトーチカ すずらん団地のトーチカ ◆釧路町、釧路市 翌朝5時に起床、未だ激しい濃霧であるが、日の光を頼りに出発する。まずは釧路町の岩保木水門へ向かったが湿原に霧が広がり、しばらく待機したのちに激写!! 大幅な時間ロスである。 岩保木水門は昭和6年に竣工したレトロ調の木造上屋が特徴。洪水防止と木材流送のための堰が目的であったが、釧網本線が開通したため、一度も開門していないという。すでに供用は廃止され、湿原のオブジェと化している。美しい。 ここからチョッと右寄り、いやいや、だいぶ右寄りの戦時遺産巡りが始まる。釧路市大楽毛へ走る。 大楽毛では町内をグルグルっと回り、戻ったところに新大楽毛トーチカを発見、な~んだJR新大楽毛駅のすぐ裏手でした。それにしてもカモフラージュが残るトーチカは、痛みが激しい。つづいて同じく大楽毛地区のJR阿寒川橋梁へ向かう。地図の通りに行けない、イタドリが繁茂して視界が利かない…。あっちに行ったり、こっちに行ったり、う~む、残念ながら断念する。はてさて、仕方がなくすずらん団地トーチカへ。新道をくぐり、大楽毛西通ですずらん団地方面に行くと意外と簡単に発見できた。小高い丘にあるトーチカは、保存状態が極めて良い。 (釧路市)すずらん団地トーチカ 釧路町国道391号、JR遠矢駅から新釧路川へ 岩保木水門 濃霧で視界不良、しばらく様子見。釣りとカヌーツーリングで有名らしい。水門は、上部構造がレトロで趣のある木造造り、扉が2門ある。大正9年の釧路川の大洪水を契機に昭和6年に竣工した。目的に木材流送があったが、運搬が鉄道に転化され、一度も開門されないまま、供用を終了した。 釧路市の新大楽毛駅海側の住宅街 新大楽毛トーチカ 大楽毛南町内をグルリッと回って、な~んだ新大楽毛駅のすぐ真裏でした。おつむにカモフラージュが残るトーチカは、劣化が著しい。 釧路市大楽毛5丁目、JR阿寒川橋梁の西側  阿寒川橋梁トーチカ 道路が地図と違う、背の高いイタドリが繁茂して視界が利かない。分かりやすいと思ったが、発見できずに無念。 釧路市すずらん団地 すずらん団地トーチカ 国道38号線から新道をくぐり、大楽毛西通で釧白工業団地の山手へ向かう。意外と簡単に小高い丘に発見した。土砂が流入していて内部には入れなかったが、保存状況は非常に良く、コンクリートの質が高いのではないか。 旧泊別小の奉安殿 ◆白糠町、旧音別町 旧音別町役場庁舎 限界集落で目標物も無いなか、丘の上の小さな旧校舎は木々に隠れて非常に分かりにくい。旧泊別小学校奉安殿は、学校敷地に連続した木立ちにまぎれ、ひっそりとたたずんでいる。以前は集落のお社として利用されたようだが、今は、使われずに朽ち果てるのを待つのみである。周辺を行ったり来たりと往復して多くの時間を費やしてしまい、白糠町郷土資料室の見学は取止めとした。 現在は釧路市の音別町行政センター(旧役場庁舎)は、戦後間もない頃に出来た建築基準法にもとづく1950年代らしいデザインのRC建築物だ。あ~なるほどの窓のとり方に2Fのバルコニーが特徴的で、一部3階は望楼か? 写真を写していると“ナニ、撮ってんだ!”と怒鳴られ、公共物の写真を撮って何が悪い!! ぷんぷん。さっそく知人の建築士に送らなきゃ。 白糠町泊別 旧泊別小学校奉安殿 釧白工業団地浄水場の近く。限界集落のなか、閉校後35年を過ぎてもはや看板もない。小山の林間に隠れた小さな旧校舎は非常に分かりにくく、その前を行ったり来たりと多くの時間を費やしてしまった。奉安電は学校敷地に接続する木立ちの中にあり、いっそう発見を難しくしている。戦後は集落の神社として利用されていたようだ。 白糠町東3条南1丁目 白糠町郷土資料室 時間がない、スルーしちゃいました。 釧路市音別町 旧音別町役場庁舎(音別町行政センター)  国道38号線沿いに建つ昭和33年建築のRC造り。窓のとり方に1950年代らしさが残り、バルコニーや望楼?は特徴的。間もなく取り壊される予定。























第312回  太平洋岸、右寄りの旅1           北海道の歴史,北海道の文化,北海道文化財保護協会,http://turiyamafumi.kitaguni.tv/
  

2012年09月11日

佐呂間町の奉安殿




旧仁倉小学校の奉安殿(佐呂間町) 仁倉八幡神社で天照皇太神を祀る旧奉安殿。 近くには、オホーツク沿岸で初めて発見された、縄文早期の竪穴住居跡がある。






































第311回  佐呂間町仁倉の奉安殿          北海道の歴史,北海道の文化,北海道文化財保護協会,http://turiyamafumi.kitaguni.tv/
  

2012年09月07日

深川の魅力的な建築物

 とっても素敵で、魅力的な深川市の建築物を紹介します。





深川市の魅力的な建築物 市街中心部 S12年建設/RC造り2F/設計・山本萬太郎 旧北海道拓殖銀行深川支店(現深川市民交流センター) 今や貴重な街角のお風呂屋さん/深川湯 納内の農家住宅・





























第310回  深川市、旧北海道拓殖銀行ほか          北海道の歴史,北海道の文化,北海道文化財保護協会,http://turiyamafumi.kitaguni.tv/
  

Posted by 釣山 史 at 19:07Comments(0)古民家・古建築

2012年09月03日

(更新)北海道の奉安殿

北海道に現存している奉安殿の一覧



北海道の現存する奉安殿(2012年8月現在で確認) 紋別市上渚滑町/上和訓辺 紋別市渚滑町宇津々/八幡宮 紋別市渚滑町/市街地 紋別市鴻之舞/旧喜楽町 湧別町上湧別/中湧別神社 遠軽町生田原/旧清里小学校隣接地 小清水町/小清水神社 名寄市風連町/東風連神社 士別市/士別市博物館所蔵 上富良野/東中神社 中標津町上標津/上標津神社 別海町/柏野会館隣接地 釧路市春採/春採神社跡地 釧路市桜田/桜田神社 鶴居村茂雪裡 弟子屈町/仁多 弟子屈町/友札内 弟子屈町市街/郷土資料収蔵庫てしかがの蔵 日高朝/錠教寺 平取町ニ風谷/萱野茂資料館 鹿追町/北鹿追 札幌市/琴似神社 江別市/江別小隣接地 石狩市花川/了恵寺 浦臼町鶴沼/金剛寺 浦臼町鶴沼/真宗寺 芦別市/常磐小隣接地 芦別市新城/正信寺芦別市/芦別神社 稚内市/上声問神社 函館市/護国神社 赤井川村/轟鉱山跡 むかわ町/春日神社 室蘭市/民俗資料館 旭川市/北鎮記念館蔵 鹿追町/旧北鹿追小学校 奉安用御筥 教育勅語謄本(明治型)  津別町/旧本岐国民学校の勅語謄本 ◆近年、解体された奉安殿 報徳神社 美幌町 H21年取り壊し 和琴神社 弟子屈町 H21年取り壊し 御園神社 喜茂別町 H22年取り壊し 春日神社 むかわ町 H18年改修 ◆その他の勅語謄本を保管する施設 北海道開拓記念館 札幌市厚別区 了恵寺 石狩市花川 小平町郷土資料館 小平町鬼鹿 郷土資料収蔵庫てしかがの蔵 弟子屈町 釧路市立博物館 釧路市 せたな 町瀬棚郷土館 せたな町 勅語謄本7カ所、確認 ◆その他の現存する奉安殿 札幌市 藤女学校 奉安殿33棟、確認













































第309回  北海道に現存する奉安殿一覧          北海道の歴史,北海道の文化,北海道文化財保護協会,http://turiyamafumi.kitaguni.tv/