さぽろぐ

  文化・芸能・学術  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


2015年07月24日

生き残った円形校舎


生き残った円形校舎 大成建設の設計技師だった坂本鹿名夫は、文部省の建築モデル校の標準設計策定に参画、正円2棟を矩形の雨天運動場で結んだ校舎を提案したが、このときは奇抜すぎて顧みられなかった。1954年には独立して建築事務所を設立した。最初の円形校舎は、1953年設計の金沢市の金城高校と云われ、窓に囲まれたモダンな校舎は、教室をドーナツ状にバームクーヘンを切り分けたように配置した。戦後、物資不足のなかでのベビーブームに対応するためで、建築面積と壁面積を抑えたローコスト校舎として考案され、採光性に優れる一方で、増改築が難しい、扇形教室は使いづらい、通路は中央螺旋階段のみで非常時に危険などがあって、一時のブームに終わった。道内には10数棟が建設され、近年、老朽化による取り壊しが進んでいる。この旧朱鞠内小学校は、右翼の円形と左翼の六角堂を矩形通路が2階で結ぶ。昭和32年に道内で5番目に建設され、平成元年には改装されて研修所となった。
第380号  幌加内の円形校舎     北海道の歴史,北海道の文化,北海道文化財保護協会,http://turiyamafumi.kitaguni.tv/  

Posted by 釣山 史 at 19:58Comments(0)古民家・古建築

2015年07月21日

木造の弁華別小学校


我が一族ゆかりの弁華別小学校 我が一族は、当別村の茂平沢に入いって弁華別を築いた大庄屋で、土巧組合を設立し、弁華別神社を建設して部落長ほか公職は多数、当別村を代表する有力者であったが、第一次大戦後の不況と農民解放運動の盛り上がりに小作たちが結託して仕込料や小作料を支払わず、先に親(庄屋)が差し押さえを喰らって破産してしまった。大正から戦後にかけ、身内の者が教員をしていた昭和12年建築の現弁華別小学校舎は、道内を代表する大規模木造建築で美しく、このままいつまでも残っていて欲しい。校庭の二宮尊徳像は、戦時供出後に陶製となって再建されたものだと云う。
第379号  当別町の木造校舎     北海道の歴史,北海道の文化,北海道文化財保護協会,http://turiyamafumi.kitaguni.tv/  

Posted by 釣山 史 at 05:34Comments(0)古民家・古建築

2015年07月16日

又十藤野家


又十藤野の遺産 近江の四代四郎兵衛の次男・喜兵衛は、天明元年に福山(松前)の親族へ奉公にあがり、寛政十二年に独立して回漕業を興す。屋号を柏屋、家印は又十とした。はじめて文化三年に余市場所を請負い、後に宗谷・斜里、国後、根室、利尻・礼文など、蝦夷地の漁場の大よそ四分の一を経営する一大場所請負人となり、藤野漁場では鮭小舌網、鰊角網を開発するなど、漁業上の大変革をもたらした。最初、福山に本店、箱館を支店としたが、後年、箱館を本店とし、蝦夷地の各所に支店や出張所を置いて、明治に入ってからは白木屋と称して小間物店を開業、道東奥地の商店の先駆けとなった。明治の中期以降、次第にオホーツク沿岸の漁場が不振に陥ると、北洋のカムチャッカへ進出し、道内の各地に牧場を開設するなど事業の多角化を図ったが、家運の回復とならず、大正五年には全事業を休止するに至り、一部農場の小作経営を残して、本拠の近江へ引き上げてしまった。分家の藤野辰次郎が開拓使から引き継いだ藤野別海缶詰所は有名である。道内各地、殊に道東開発に大きく貢献した藤野家の跡を追う。 旧藤野家網走漁業店 望楼など外観は当時を偲ばせる。 旧藤野家迎賓館 明治二八年に建築の建物は、網走神社の社務所として残る。 斜里駅逓跡 運上屋から始まった駅逓は昭和四年まで続いた。 松前の熊野神社に建立の祈願柱(左)。 斜里神社に天保五年に奉納された石灯篭(右)。 旧藤野別海缶詰所 外装は新しいが、躯体部分の多くが当時のもの。 鷹栖の藤野農場跡(住吉神社) 明治四一年に大阪の住吉大社から分霊された御神霊旧藤野社宅。明治四一年に函館に建築の社宅(左右2棟)

第378号  又十藤野家の遺産     北海道の歴史,北海道の文化,北海道文化財保護協会,http://turiyamafumi.kitaguni.tv/  

Posted by 釣山 史 at 19:32Comments(0)北海道の歴史