さぽろぐ

  文化・芸能・学術  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


2010年01月16日

北方圏国際シンポ・ふるさとの海

第25回北方圏国際シンポジウム「ふるさとの海」 


 紋別市は、ガリンコ号やオホーツクタワーでも知られる、自然豊かな水産都市。
 そこで毎年2月に開催される「北方圏国際シンポジウム」は、流氷の南限域という特性を活かした「地球温暖化」などの環境問題や「北方民族の歴史」、「オホーツクの水産」などの専門的な研究発表のほか、この公開講座 「ふるさとの海」は、一般の方でも気軽に参加できる地域密着のプログラムです。
 今回は科学的な研究だけではなく、趣向を変えて『江戸期のアイヌ人のオヒョウ漁から戦前にかけての沖合い漁業』の歴史話しを私が解説するので、皆さんのお越しをお待ちしています。
 また、期間中「カレイを中心としたお魚と戦前の紋別浜の写真展」(2/21から25まで)を開催し、当日(2/24)は『昔の紋別浜の写真集』を配布します。


 









































































  
※お問い合わせは、紋別市水産課 ℡0158-24-2111(259)まで、

第 ー 回 紋別市のシンポジウム    北海道の歴史,北海道の文化,北海道文化財保護協会,http://turiyamafumi.kitaguni.tv/
  

Posted by 釣山 史 at 09:17Comments(0)トピック

2010年01月11日

おたす丸の写真

樺太・おたす丸の貴重な写真

 後に網走へジャッカドフニ(大切なものを仕舞っておくところ)を建設したダーヒンニェニ・ゲンダーヌ(北川源太郎)は、樺太敷香の幌内川の三角州にある、先住民の集落「オタスの杜」に育った。
 強く日本人になろうと望んだゲンダーヌは、そこにあった先住民のための学校「敷香教育所」を優秀な成績で卒業すると、川村秀弥校長の推薦で、先住民として初の公僕となる。
 敷香支庁の給仕を経て、敷香市街とオタスの杜を結ぶ連絡船『おたす丸』の船長となったが、この頃が一番平穏で幸せだったかもしれない。その後、ゲンダーヌは時代と国家に翻弄されながら、苦難の道を歩むことになる。

 さて、あらためて手持ちの資料を整理していたところ、「おたす丸」が写っている写真絵はがきを発見した。この『おたす丸』の写真はなかなか無く、貴重なもので、

 そこには『樺太景観 敷香幌内河畔に佇んで望むおたすの森の景』とあり、向こう側が「オタスの杜」である。台紙を見る限り、オタスにあった「半澤写真館」のものかどうかは、判別できない。












第166回 幌内川のオタス丸・写真     北海道の歴史,北海道の文化,北海道文化財保護協会,http://turiyamafumi.kitaguni.tv/
  

Posted by 釣山 史 at 07:21Comments(0)樺太・千島の歴史

2010年01月05日

文化財協会へ入ろう!!

明けましておめでとうございます





































~子ども達へ伝えたい「北海道の歴史と文化」
 もっと知ろう、残そう郷土の歴史語り 北海道文化財保護協会(Tel&Fax 011-271-4220/Mail Address:bunho@abelia.ocn.ne.jp)へ入ろう!


  平成23年3月、当協会は、50周年を迎えます。
第―回 北海道の歴史と文化     北海道の歴史,北海道の文化,北海道文化財保護協会,http://turiyamafumi.kitaguni.tv/
  

Posted by 釣山 史 at 14:42Comments(0)北海道文化財保護協会