さぽろぐ

  文化・芸能・学術  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


2014年08月24日

缶詰の話し4

2.カニ缶詰 ①カニ缶詰の企業化 第四回(明治廿八年)内国勧業博覧会審査報告 福井縣ノ出品は蟹最多ク、就中大戸輿三兵衛ノ出品ハ寒冷紗ヲ以テ包装充塡シ、其製法宜シキヲ得、色味甚圭良ナリ明治一八年ノ創業ニシテ爾來諸種ノ罐詰ヲ製造シ其製額二萬五千餘罐ニ及ビ布哇(ハワイ諸島のこと)及清国ニ輸出ス カニ

缶詰の黒変とは カニやエビ、ホタテなどの魚介類の缶詰は、内容物に黒変と云う黒い斑点が出来ることがあり、それはカニ肉などの蛋白質中の硫黄分が容器の鉄分と反応して硫化鉄が生成されるためで、カニ缶詰の製造において最大の課題が、この黒変の克服にあった。これを防止するためには硫酸紙(パーチメント紙)でカニ肉を包み、あるいは缶内面をエナメルで塗装して缶と内容物が触れないようにする。 ~陸上カニ缶詰のおこり 本邦でカニ缶詰を最初に作ったのは、明治14年に開拓使別海缶詰所から厚岸牡蠣缶詰所に出張した松村文四郎に始まると云い、このときは試作に終わった。カニ缶詰が経済操業に至ったのは、ズワイガニが特産の福井県であり、乾物商の大戸輿三兵衛は明治17年にズワイ缶詰を試作し、翌18年には酢を添加することで黒変を抑制することに成功して販売を開始した。これを契機に北陸では着業する者が相次いでカニ缶詰生産では一時代を築いたが、また、この間の北海道では、明治20年に小樽高島の海産弘舎において平田孝造が、厚岸では元厚岸牡蠣缶詰所長の長谷川源之助が、タラバ缶詰を試作し、小樽の西川貞二郎は、明治22~23年前後からタラバ缶詰の製造販売を始めて、同30年のイギリスのクロムウエル博覧会に高島西川缶詰製造所製のカニ缶詰が出品されている。のち西川缶詰製造所は使用人の松吉直兵衛に引き継がれ、明治35年からは硫酸紙を用いて黒変防止に努めたりしたが、結局、大成しなかった。 ~IZUMIブランドとUSUIブランド 日本カニ缶詰の最大の功労者は、黒変を克服して量産化を図り、広く国内外へカニ缶詰を普及させて海外販売を軌道に乗せた根室の和泉庄蔵と碓氷勝三郎である。和泉庄蔵は、サケ・マス漁を営みながら小規模な缶詰製造を始めて、明治31~32年頃にはカニ缶詰を試作したらしい。明治37年に北海道庁の官吏が国後を巡視した際、大量に投棄されるタラバガニを見とめて缶詰製造を勧められ、同年は試験的に製造し、翌年には古釜布に新工場を設けて大規模なカニ缶詰製造を始めた。しかし、黒変は解消できずに一定の製品化を見たのは明治40年で、アメリカでの試販では好評を得た。折しも同年に水産講習所が内面塗装缶を開発し、明治41年に試用してみたところ好結果だったので、ドイツからラッカードブリキと硫酸紙を輸入してカニ缶詰を量産し、アメリカへ本格的な輸出を開始した。同じく碓氷勝三郎は、明治27年に別海西別にサケ・マス缶詰工場を開き、のち国後泊でエビの缶詰製造を始めて同33年には硫酸紙によって黒変を抑制することに成功した。これを知見に和泉庄蔵と前後して明治38年には古釜布に本格的なカニ缶詰工場を開設し、以後、各地に事業を拡大してUSUIブランドを築き上げ、同42年からはアメリカへ盛んに輸出した。(現在、根室市の造酒屋・碓氷勝三郎商店として残る) 明治22・23年頃の西川缶詰所の宣伝チラシ 日本初の蟹工船・雲鷹丸 明治42年5月に進水した水産講習所練習船・雲鷹丸450㌧は、300馬力の補助機関を備えた鋼製3本マスト二層重甲板のバーク型帆船で、捕鯨艇を搭載した米国式捕鯨船をモデルとした。

第365回 缶詰のお話し      北海道の歴史,北海道の文化,北海道文化財保護協会,http://turiyamafumi.kitaguni.tv/  

Posted by 釣山 史 at 08:30Comments(0)北海道の歴史

2014年08月22日

廃屋の魅力2



第364回 ステキな廃屋      北海道の歴史,北海道の文化,北海道文化財保護協会,http://turiyamafumi.kitaguni.tv/  

Posted by 釣山 史 at 07:30Comments(0)古民家・古建築

2014年08月10日

缶詰の話し3


~堤商会の登場 明治39年、堤清六と平塚常次郎は、アムール河畔のブロンゲ岬で運命的に出会った。堤清六は、カムチャッカを有望と見て堤商会(後の日魯漁業㈱)を設立すると明治40年に初出漁した。明治43年には邦人で初めて現地に缶詰工場を建設してハンダ付けの鮭鱒缶詰製造を始めたが、これが契機となってカムチャッカに缶詰工場を開設する邦人が続出した。堤商会は、大正元年に本拠を函館へ移し、大正2年はカムチャッカ工場の製缶と原魚の裁割から箱詰め梱包までをほぼ自動化して日本初のサニタリー缶詰を量産、主に英国を中心に欧州へ輸出したが、おりしも第一次世界大戦が勃発して需要は増大した。そうして堤商会は、北洋操業のさらなる効率化と自動製缶機の余力活用のため、製缶機を函館へ移設して大正4年に日本で初めて空缶生産を専門的に始めると翌年からは一般需要への供給を開始した。また、後に製缶専業として創業した東洋製缶㈱は、小樽と函館に工場を建設したが、堤商会は、これを買収し、北海製缶倉庫㈱(後の北海製缶㈱)を設立して道内製缶を一手に請負うことになった。 中外商業新報 大正7年8月 (三)缶詰業の現状 略 当時即ち昨大正六年の缶詰工場はウシチカムチャッカ及ヤイナに露人デンビー氏三ヶ所、日露漁業会社はウシチカムチャッカ、オパラの二ヶ所、輸出食品会社はヤイナゴセゴチックに二ヶ所、堤商会はオゼルナヤ、ヤイナ、ゴセゴチック、キシカ、オコックに六ヶ所、グルセツキー会社キシカ、オゼルナヤの二ヶ所等重なるものにして外に菅沼、袴、進藤等の工場あり昨年に於ける缶詰の各個生産額を挙ぐれば左の如し デンビー商会 一八九、七三〇箱  日露会社 四一、二四〇  グルセーツキー会社 四五、六三四  輸出食品会社 五一、三七二  菅沼商店 七、九〇三  進藤商店 二、八六一箱  袴商店 二、五七二  堤商会 一六九、六八九  合計 五一一、〇〇一  以上の内堤商会、デンビー商会、輸出食品、グルセツキー、日露漁業等は何れも最新の缶詰機械一工場に二ライン乃至三ラインを据え付け最も完備せる設備を有せり 略 露領でのサケ・マス缶詰製造高 デンビー商会(北洋漁業) 明治43年9,300函 大正2年54,322函 大正4年105,000函 大正7年99,974函 堤商会 明治43年704函 大正2年28,561函 大正4年47,249函 大正7年178,285函
第363回 缶詰のお話し      北海道の歴史,北海道の文化,北海道文化財保護協会,http://turiyamafumi.kitaguni.tv/  

Posted by 釣山 史 at 21:09Comments(0)北海道の歴史

2014年08月10日

缶詰の話し2


②カムチャッカ漁業の勃興 ~邦人のカムチャッカ進出 カムチャッカ操業は、それ以前からロシア人やアメリカ人らによって試みられてはいたが、明治28年にロシアのコチク社が日本人を使って操業し、この時は失敗に終わった。同社は、明治29年にデンビー(初代デンビーの妻は日本人だった)と提携し、邦人漁夫46名を雇入れて出漁すると日本式塩蔵サケ・マス7千尾を函館に輸入した。これがカムチャッカにおける経済操業の初見であり、翌年には、汽船大洋丸、攝陽丸、愛国丸と漁夫132名が出漁した。このように漁労はもっぱら日本人に頼ったので、明治32年からはロシア人と直接提携する邦人も現れ、同33年には、出漁46隻、漁獲3万6千石にも達して驚いたロシア政府は、邦人を規制して、以後、共同あるいは買魚が名目となった。明治32年にデンビーと共同の「セメノフ商会」が函館に設立され、翌年には、カムチャッカのアワチヤ湾に缶詰工場を建設した。セメノフ商会が焼失したので、同40年にあらためて函館にデンビー商会を興し、同41年にウスカムへ進出すると同42年にはカムチャッカ河上流に缶詰工場を建設し、翌43年に最新式のドイツ製半動式缶詰機を導入してサケ・マス缶詰を量産した。このようにカムチャッカにおいてはライバルとなる堤商会(後の日魯漁業㈱)が現れるまでは、デンビー商会を中心としたグループのほぼ独壇場にあったが、この間で注目したいのは、明治34年に平塚常次郎(後の日魯漁業㈱社長)がヤイナへ出漁し、同36年に建設されたカムチャッカ河畔のシールスキン社工場では、竹村糾太郎(ホタテ缶詰の製造販売を始めて手がけたと思われる人物)ほかの邦人が缶詰製造に従事したと云う。日露戦勝を経て明治40年に日露漁業協約が調印されて日本権益が確立した。北洋漁業は加熱して小群割拠し、このときの露領漁区競落額(落札175漁区のうちカムチャッカは63漁区)は高騰し、加えて協約締結後も邦人への圧迫が見えたので、翌41年に露領沿海州水産組合を設立して対抗した。こうして着業者は次第に集約され、企業合併も相次いで、大正12年には租借229漁区のうち67漁区を日魯漁業㈱が占るようになり、また、一時代を築いたデンビー商会もロシア革命によって衰退し、北洋漁業㈱を経て日魯漁業㈱に吸収された。 あけぼの印のカムチャッカ工場 昭和10年頃の北海製缶小樽工場 大正末年頃の日魯漁業㈱の拠点 新潟港からカムチャッカへ向けて寶壽丸を出港させた。
第362回 缶詰のお話し      北海道の歴史,北海道の文化,北海道文化財保護協会,http://turiyamafumi.kitaguni.tv/  

Posted by 釣山 史 at 20:15Comments(0)北海道の歴史

2014年08月08日

缶詰の話し1


道内缶詰小史 1.サケ・マス缶詰 ①缶詰事業の始まり ~官営工場・別海缶詰所 現在、釧路のマルハニチロ工場では、日本のサケ・マス缶の7~8割強を生産しているという。さて、国内での缶詰製造は、明治4年に長崎の松田雅典がフランス人のデュリーから製法を学んでイワシ油漬缶詰を試作したのに始まる。明治8年には手動式の製缶機がアメリカから輸入され、これは開拓使石狩缶詰所と同別海缶詰所を転々とした。本格的な缶詰生産の開始は、明治10年10月10日(缶詰の日)の石狩缶詰所における鮭缶詰製造であり、北海道の豊富な水産資源を利用した殖産のためには缶詰事業の振興が必要であり、開拓使は、ほかに厚岸、択捉紗那、苫小牧美々に工場を開いて別海には当時の建物が現存する。石狩缶詰所を試験工場とすれば、別海缶詰所は経済操業を目指したもので、徳川将軍家への献上品として良く知られた「西別鮭」を製品化したのである。後に別海缶詰所は大漁場主の藤野家に引き継がれ、明治34年には、自動缶詰機がアメリカとカナダ、ゴム巻締機械をドイツから導入し、さらなる量産体制が整った。また、わずか2年で休止していた紗那缶詰所も後に再開され、明治20年に栖原家に引き継がれて別海缶詰所の元会計主任を工場長に迎えてからは見るべきものがあった。そうして日清・日露の戦役を経て、海陸軍から安定的に受注を受けるようになると藤野家では標津、根室、国後、択捉、東京日野などに事業を拡大し、こうして未だ国民に馴染みが薄かった缶詰が、兵役を通じて全国へ広がることとなり、また、根室・釧路地方が、缶詰生産の主産地となって行った所以でもある。 呉鎮第二二〇〇号 糧食貯蔵用トシテ購買之戦報告 略 呉鎮守府司令長官子爵中牟田倉之助 海軍大臣子爵樺山資紀殿 呉監第六一一号 調査書 一鮭鱒缶詰 九万斤 右ハ海軍糧食条例第九条ニ依リ貯蔵スヘキモノナルニ付其品質善良ハ勿論永ク保存ニ耐ヘ実用ニ適スルモノヲ以テ最モ主要トス然ルニ北海道根室国野付郡別海村缶詰所藤野辰次郎及ヒ同道千島国択捉島栖原角兵衛製造ノモノハ従来ノ成績ニ徴スルニ右ノ諸要素ヲ具ヘ製造上特殊ノモノト思考ス依テ之ヲ購買スルニ当リ会計法第二十四条第四項ニ拠リ該製造者ニ対シ随意契約ヲ為スハ妥当ナリト認メ候也 明治二十五年七月四日 呉海軍会計監督部長海軍主計大監八洲 亨 旧開拓使缶詰工場屋 スター印の戦前のホタテ缶詰 藤野缶詰所の戦前広告 別海缶詰所を引き継いだのは、幕藩後期から明治にかけて道内漁場の凡そ1/3を差配した藤野家だった。
第361回 缶詰のお話し      北海道の歴史,北海道の文化,北海道文化財保護協会,http://turiyamafumi.kitaguni.tv/
  

Posted by 釣山 史 at 06:43Comments(0)北海道の歴史