さぽろぐ

  文化・芸能・学術  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


2009年01月30日

最奥の駅逓(第8回)

   取扱人命令書/書き換えられた看板
 ◆建築標準「武華」と「上モベツ」
 さて、中央道路の沿線には全く同じ造作の駅舎が見られるが、これは明治28年の取扱規定に「建物ハ第一號書ノ標準ニ依ル但土地ノ状況ニ依リ其設計ヲ伸縮スルコトヲ得」とあるように「駅逓所建築標準」なるものがあった。しかし、これは4室しかなく、次第に往来者が増加して利用者が多くなると、実際には与えられた駅舎を増改築したりして、「上モベツ駅逓所」も後に増築され、 また、近隣にはよく似た形式・意匠の駅逓所が現存する。
  駅逓所建築標準/上モベツ駅逓所の改築後の配置図
 開設当初の「上モベツ駅逓所」は伝統的な入母屋型式に渡廊下で外観は下見板を用い、地元の小間場組が請け負って棟梁は吉村竹次郎だった。道庁から5割の補助を受けて昭和9年に建設された増築部分は、和洋折衷の寄木造りで、その資材は鴻之舞金山から提供されたと云い、これは高地の前住地である生田原の徳田裕弥が請け負い、大正14年に開設された丸瀬布のムリイ駅逓所を模したもので、額縁の上げ下げ窓を用い、また、駅舎全体には北海道特有の半紙ガラスが多用された。
  改築前の当初部分と裏側にある上げ下げ窓
 大正9年に開設された留辺蘂の「武華駅逓所」を建築したのは今井米蔵で、昭和6年の増築のときには宮村正一が請け負ったが、宮村は東京での関東大震災の復興事業の経験から一部に吉原風を取り入れたと云う。これは当時の北海道の洋風建築を良く伝えた駅逓建築を代表するものとされるが、同じく後に増築された「上モベツ駅逓所」に非常に似ており、その関係の今後の考証が待たれる。
                無華駅逓所


 第107回 留辺蘂と上モベツの駅逓所  北海道の歴史,北海道の文化,北海道文化財保護協会,http://turiyamafumi.kitaguni.tv/

  

Posted by 釣山 史 at 21:55Comments(0)オホーツクの歴史

2009年01月25日

歴旅・温泉、盃温泉郷編

オススメの家族温泉宿!! 
 積丹半島・国民宿舎もいわ荘

温泉郷と弁天島~恋が実ると云うアイヌ伝説の島
 泊村の盃地区にある盃温泉郷は明治38年に銭湯として開発されたと云い、現在は10軒ほどの民宿やホテルが立ち並ぶ。
 この「もいわ荘」は、釣山家が推奨するリーズナブルな温泉ホテル。大きいとは云えないが1・2階が繋がる浴室は珍しく、それに露天が付属する。国民宿舎だけあって安価であり、オフシーズンは静かであずましく、我が家は年末年始の休養に良く利用している。
 奇岩・絶壁の断崖が続く海岸線は景勝で、近隣の兜岩は釣り場としても有名。毎年、7月には群来まつり(花火大会)が開催される。

 宿 泊 7,710円~
 日帰湯 大人500円/小人340円
 泉 質 源泉45.9度/カルシウム・ナトリウム-硫酸塩泉
 TEL 0135-75-2321















◆歴旅スポット
・ニシン番屋(泊村)
 泊村指定文化財である明治27年に建設された「旧川村家番屋(鰊御殿とまり)」は、当時の網元の様子が良く知れる。
・茅沼炭鉱(泊村)
 安政3年に漁夫によって発見され、日米和親条約での箱館開港に伴い、外国の蒸気船に石炭を供給し、のちに日本で最初の鉄レールを敷設して貨車での輸送を行った北海道で一番古い炭鉱。
・日本郷土玩具館「童心館」(神恵内村)
 江戸時代から伝わる各地の郷土玩具を展示。張り子やこけしのほか、特に凧は見ごたえがあり、美術館を思わせるほど美しくもあり、なつかしくもあるオススメのスポット。 


                                                                           源義経が残した兜が岩になったという兜岩












 第106回 積丹のオススメ温泉  北海道の歴史,北海道の文化,北海道文化財保護協会,http://turiyamafumi.kitaguni.tv/

  

Posted by 釣山 史 at 14:43Comments(0)旅と温泉

2009年01月17日

イモ版とコタン

アイヌ文様と版画家・香川軍男

 失礼ながらあえて大衆芸術家と呼ばせていただく。ジャガイモを使ったいわゆる「イモ版」で有名な北見の故香川軍男さんが、紋別に暮らしたことがあるとつい最近になって知った。当地で学校に入学し、小学生の期間を過ごしたと云う。
 その頃はよく機関車の絵を描いていたが、近所にはアイヌ人の集落があり(元紋別コタン)、アイヌの子ども達との遊びの中で、自然とアイヌ文様に触れ、そして強く魅かれたと云う。遊び道具に彫られた模様がすごく羨ましかった。これが美を意識した始まりだったかも知れない。昭和22年、32才のときにイモ版年賀状の製作をはじめるまでは彩色画に熱中し、31才のときの作品に、「紋別港朝」「紋別港夕凪」などがある。
 香川さんの作品はイモ版という限られた空間のなか、一見、無骨に見える力強い刻線は繊細でもあり、川上澄生の知遇を得て、棟方志功に絶賛された。
 ここでは彼がイモ版に傾倒するきっかけとなった年賀状による作品(原本)を数点紹介する。



















第105回 イモ版画家・香川軍男の原点   北海道の歴史,北海道の文化,北海道文化財保護協会,http://turiyamafumi.kitaguni.tv/  

Posted by 釣山 史 at 13:49Comments(0)郷土の語り

2009年01月12日

書店と読書

やっぱり本が好き!!

































































































































































































第104回 読書と購読の現状  読書世論調査、読書調査、不読率、新聞の購読率、新聞の発行部数、書店数の推移、書店の分類、公共図書館の数、公共図書館の貸出数、司書、司書力、北海道の歴史,北海道の文化,北海道文化財保護協会,http://turiyamafumi.kitaguni.tv/  

Posted by 釣山 史 at 20:50Comments(0)読書と北海道文学

2009年01月11日

ロフト古書の街

年末にロフトに行って来ました
 サッポロロフト古書の街・オープン
 ガンバレ古本屋のオヤジ



アイヌ古画がお出迎え

 昨年の11月1日に紀伊国屋・札幌ロフト店内に道内各地のユニークな古書店8店とボランティア団体による『古書の街』がオープンした。イベントとしての古書店の共同出店や新刊書と新古書の共販はあっても、道内での常設の古書店街はたぶん初めてであろうし、ましてや新刊書店と古書店が同じ屋根の下など全国でも稀である。また、不要として提供された図書を児童会館や子育て支援センターなどへ無償で配本している団体の資金作りともなっている。

サッポロ堂書店(北方資料)、薫風書林(人文書)、角口書店(美術書)、リブロ平岸(映画)、じやんくまうす(絶版まんが)、ブックスボックス田原書店(美術・音楽)、帯広春陽堂書店(歴史全般)、根室道草書房(推理小説)、北海道ブックシェアリング(ボランティア団体)



なつかしい映画ポスター

 この古書店街の代表は、この道三十数年のサッポロ堂書店の石原誠さんで、私とは店主と客の垣根を超えた友人であり、彼自身も北方民族・文化の研究者だ。
 思うに今までの古書店のイメージは薄暗く、ほこりっぽい山のように積まれた古本の谷間に鎮座する、少々取っ付きずらいオヤジの店だ。一見さんや素人さんにはなかなか敷居が高く、ずいぶんあちこちの古書店に通っている私も、若い女性や家族連れにはお目にかかったことはない。
 石原さんも「古書店と云えば暗いイメージで、若い、特に女性は来ない。ここではあちら側の新刊売場から若いヒトが少しづつ、こちら側の古書コーナーに侵入、新たな顧客をキャッチしつつある」と手ごたえを感じている。
 古書店は今、苦難の時代である。バブルの頃は道内のある古書店で年商が数億あったとも噂されていたが、現在は「もの」の動きがない上に、学生の減少と不勉強さが影響し、また、大学の独法化と公立図書館の軒並みの予算減に、もともとの活字離れも重なって、深刻な経営難である。
 これは新刊書店にも云えることで、この新刊書店と古書店のコラボもロフトさんからの働きかけによるものらしい。
 かってパチンコ業界が同じようなイメージチェンジに成功したように、「本の虫・古書キチ」の私は期待している。この「ふる本文化」の灯を絶やさないために。
 古書店とは第二の図書館であり、文学館であり、博物館・美術館でもあるのだから。


伊達開拓団の風景ほか、貴重な資料のやま


第103回 本好き集まれ  北海道の歴史,北海道の文化,北海道文化財保護協会,http://turiyamafumi.kitaguni.tv/  

Posted by 釣山 史 at 00:27Comments(0)古書籍・古本

2009年01月05日

古民家探訪3

お正月に積丹に行って来ました。
 ~鰊御殿・積丹半島の漁業建築


 積丹半島は、かっては海岸線の津々に鰊大人が割拠して栄え、漁場独特の生活様式と風習を生み出し、そして、それは各地に点在する漁業古建築として、現在に垣間見ることが出来る。















 「旧下ヨイチ運上家」は、竹屋林家が嘉永6(1853)年に改築したもので、現存する唯一の運上家。この北陸地方の伝統的意匠を残す漁業建築は昭和46年に重要文化財となった。



 






















 「旧余市福原漁場」は明治期の親方衆の暮らしぶりが良くうかがえる個人の番屋で、昭和57年に国の史跡に指定された。






















 泊村指定文化財である明治27年に建設された「旧川村家番屋(鰊御殿とまり)」は、当時の網元の様子が良く知れる。


















































  ・袋 潤
 漁船が安全に船付出来るように、また、大漁のニシンの一時的な保管場所とした。

第102回 ニシン番屋 北海道の歴史,北海道の文化,北海道文化財保護協会,http://turiyamafumi.kitaguni.tv/




  

Posted by 釣山 史 at 18:05Comments(0)古民家・古建築

2009年01月01日