さぽろぐ

  文化・芸能・学術  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


2016年09月30日

紋別聖徳太子講


誇るべき伝統文化の継承、顕正寺の聖徳太子講 ~無形民俗文化財調査が行われる/紋別市 この28日に道文化財保護協会、道建築士会の4名が、紋別聖徳太子講組合(紋別建設業協会)の協力を得て、100年を越えて顕正寺に伝わる紋別聖徳太子講の文化財調査を行った。文化庁の「文化遺産を活いかした地域活性化事業」の一環で、北海道文化遺産活用活性化実行委員会(道文化財保護協会、道建築士会、NPOれきけん)は、昨年から太子講の調査を始めて、また、市内では旧上藻別駅逓所や草鹿邸の簡易耐震診断なども行っている。太子講とは、聖徳太子が広く仏教の興隆に努めたので、親鸞は、太子を教主とした。親鸞は、救世観音(太子は化身とされる)の夢告を得て浄土宗祖・法然の専修念仏門に帰依し、太子が、浄土系、特に浄土真宗で尊ばれる。これに対し、民間信仰では、太子が、大寺院の建設のために木工、土工、紙漉きほかを振興したので、大工や鳶ほかの技能諸職の神となった。これら聖徳太子を奉賛するのが太子講である。当地では、明治41年に顕正寺に太子堂を建設して太子講祭が始まり、孝養太子像が厨子に奉安されている。この太子像の面は凛として彩色が華やかで、厨子は非常に精巧立派であり、天明元年の太子画もある。昔は、大工など技能職たちによって夜宮祭と本祭が執り行われ、十数本の幟が立って露店も並び、たいへん盛大であったという。この日の参拝者は講中40数名で、オホーツク管内では、ほかに滝上町や網走市、美幌町などの建設業団体が、同様の太子講を行っている。太子講は、大正10年から11年にかけた聖徳太子の遠忌千三百年祭に発するものが多く、紋別市では、それよりも15年ほど遡り、道内では古い伝承である。本堂には国宝・知恩院から貸与された屋根瓦が展示されていて、地元にいながら、まだまだ知らないことに驚かされた。紋別聖徳太子講は、他に誇るべき伝統文化であり、末永く継承され、文化遺産を活いかした地域活性化の一助となることを期待する。
第400号 紋別の太子講     北海道の歴史,北海道の文化,北海道文化財保護協会,http://turiyamafumi.kitaguni.tv/   

Posted by 釣山 史 at 06:43Comments(0)郷土の語り紋別の歴史

2016年09月19日

士別市 教信寺の象さん 


士別市 教信寺の木鼻は象さん 北海道で象鼻は余り見かけない 左右の形も違う

第399号 象さん、ゾウさん     北海道の歴史,北海道の文化,北海道文化財保護協会,http://turiyamafumi.kitaguni.tv/   

Posted by 釣山 史 at 13:20Comments(0)北海道の歴史郷土の語り

2016年09月09日

北海道の御真影奉安殿


日本民族建築学会 第80回研究会 北海道の御真影奉安殿 釣山史 山田雅也 2016/9/24/土 15:00~17:00法政大学デザイン工学部 参加費500円 (学生無料) 小学校に建つ御真影奉安殿/昭和8年 国立国会図書館デジタルコレクション 頭を上げるとコツンとやられて、御真影や教育勅語に正対したこともない児童たちは80才となり、当時の混乱もあって記録や記憶が曖昧となった。本物の詔書類の鑑定もままならず、りっぱで荘厳な奉安殿も忘れ去られようとしており、また、限界集落が進行するなかで、奉安殿と詔書類の現存調査を行い、当時の様子をレジュメにまとめた。レジュメには30ほどの現存する奉安殿と奉安庫を掲載して、その保存の様態を紹介する。
第―号外 北海道の奉安殿     北海道の歴史,北海道の文化,北海道文化財保護協会,http://turiyamafumi.kitaguni.tv/   

2016年08月08日

北海道ヘリテージ・フォローアップ講座


明治45年に建築された登録有形文化財・網走監獄五翼放射状平屋舎房は、網走の町の発展を象徴する。 ヘリテージ・マネージャー/コーディネーター フォローアップ講座in【網走】 8/6~7、 歴史的建造物の保存再⽣事例につい講座を行い、網走市内を巡見した。網走市立郷土博物館 設計はフランク・ロイド・ライトに師事した田上義也。昭和11年に「北見郷土館」として開設した。真ん中の最上階にドームを置き、ふんだんに曲線を用いたモダンな建築で、吹き抜けに螺旋階段が伸び、円柱が天井を支えながら放射状に緩やかに勾配する。 網走神社 北海道を代表する大漁場主だった又十藤野家が、明治28年に建築した迎賓館は、網走神社に移築されて社務所として残る。また、木工・土木・水工の職能神である聖徳太子を祀る太子堂は、大正10年の建築だという。 永専寺山門(市有形文化財)明治45年に建築された網走刑務所の正門は、大正13年に教誨師だった永専寺へ移築された。入母屋瓦葺き長屋門の左右にドーム屋根の門衛ボックスが付属するユニークな和洋折衷である。
第398号 北海道文化遺産活用活性化実行委員会     北海道の歴史,北海道の文化,北海道文化財保護協会,http://turiyamafumi.kitaguni.tv/   

Posted by 釣山 史 at 19:39Comments(0)古民家・古建築

2016年07月24日

根室地方の鉄道遺産1


根室管内の鉄道遺産 民族調査のついでに旧国鉄釧網線標津駅と旧別海村営軌道風連線の転車台を見学しました。旧殖民軌道茶内線跡も。国鉄釧網線標津駅の転車台 旧別海村営軌道風連線の転車台 旧殖民軌道茶内線秩父内駅跡
第397号    根室地方の鉄道遺産    北海道の歴史,北海道の文化,北海道文化財保護協会,http://turiyamafumi.kitaguni.tv/   

Posted by 釣山 史 at 09:59Comments(0)鉄の部屋(軌道・鉄道)

2016年07月07日

道内の教育勅語を巡る事件簿

津別町本岐の教育勅語
 その当時、学校長の最重要の職務は、御真影や詔勅類の奉護であり、各校は災害に備えたが、頭を痛めたのが盗難・紛失である。そうして全国各地に奉護のために殉職したり、責任を負って自死する例が見られ、ここでは道内での事件を紹介する。

○留萌小学校長無理心中事件/大正元年9月の大喪儀から間もない頃、留萌小学校で教育勅語が道庁へ送りつけられ、収納箱が縁の下に投げ込まれるという事件が発生した。授業中の教師が拘束されるなどがあり、犯人が特定されないまま全教師が転出して学校は混乱した。新たに赴任した阿曽沼校長は、この事件と卒業式での不手際に責任を感じ、服毒自殺を図った。
○盤渓小学校長遭難事件/盤之沢特別教授場が昇格独立して新校舎が完成した。明日の開校式を前に持ち上がりで新校長となった結城三郎は、正装して2里離れた役場で教育勅語を拝戴した。その帰路の途中、猛吹雪となり、円山の商店主に投宿を勧められたが、明日は大切な開校式だからと断り、深雪を進むと新校舎を目前に進退窮まってしまった。翌朝、登校の生徒が雪に埋もれた校長を発見、羽織で大切な教育勅語を包み抱いて凍死していた。遺体は呆然とする父兄らに見守られてソリに載せられ、生徒たちに曳かれて無言の帰宅となった。大正11年12月23日のことであった。
○愛冠小学校、教育勅語紛失事件/昭和4年5月、足寄村の愛冠小学校で教育勅語が紛失した。学校に官憲が入る騒動となり、関係者が警察の取り調べを受け、検事が現場検証を行い、当時の新聞で大々的に報じられた。これは校長に叱責された教師たちが、腹いせに共謀したものとされ、結局、教育勅語は発見されず、あらためて翌5年10月に再下賜を受けて事態は収束した。
<
第396号   教育勅語を巡る事件    北海道の歴史,北海道の文化,北海道文化財保護協会,http://turiyamafumi.kitaguni.tv/   

2016年06月17日

北海道開拓と門徒衆


北海道開拓と聖徳太子信仰 北見市のキリスト教団や滝上町の黒住教団による開拓は知られるが、浄土真宗門徒が語られることは少ない。親鸞は聖徳太子を教主とし、その徳や業績を賛美したのが太子講式であり、門徒衆が結束した講は、宗教としてだけではなく、地域共同体を形成し、これを母体に団体が入殖すると太子信仰を持ち込んだ。明治中期頃までの北海道開拓には北陸人が多く、また、漁業従事者の寄留・出稼ぎも多かった。松前藩は、一宗一派の政策をもって浄土真宗は東本願寺としたが、幕府が蝦夷地を直轄すると西本願寺の開教が認められ、佐幕派の東本願寺は維新後にひどく危機感を抱き、新政府に恭順を示して蝦夷地開拓を出願した。沼田町では、富山県の門徒団体が入殖に入り、雨竜本願寺農場を開いたが、同町のほか同じ地方の雨竜町・北竜町・幌加内町に太子信仰がある。十勝では、晩成社のほか富山県人や岐阜県人が入ったが、職人が祀る聖徳太子像を受けて晩成社が堂宇を建立し、これは東本願寺帯広別院の嚆矢となった。芦別市では、石川県と富山県から団体が入り、郷里から聖徳太子像が持ち込まれて太子堂が立つ。さて、聖徳太子は、百済から高度な建築技術を導入し、工芸美術を奨励して大規模寺院を建設したので、むしろ大工や鳶職らの職能神である太子講が馴染み深いが、太子堂や太子碑は、聖徳太子一千三百年御忌に建てられたのもが多い。帯広建設業協会の孝養太子像

第395号   門徒の開拓    北海道の歴史,北海道の文化,北海道文化財保護協会,http://turiyamafumi.kitaguni.tv/  

Posted by 釣山 史 at 06:10Comments(0)北海道の歴史

2016年05月25日

釧路の聖徳太子講


 釧路聖徳太子講の最大の見せ所は、例大祭での鳶職による纏い振りと梯子乗りである。釧路では、明治40年に釧路大工職組が組織され、2年後に釧路聖徳太子講を創立した。大正元年には、浄土真宗本願寺派本行寺が経堂を聖徳太子堂と改称して講中に開放し、尊像は孝養太子像である。建築関連業種の技能研修や親睦の場になっており、活動は非常に活発である。例大祭では宗派を問わず、仏教各宗協和会が参加するという。
第394号   釧路の太子講    北海道の歴史,北海道の文化,北海道文化財保護協会,http://turiyamafumi.kitaguni.tv/  

Posted by 釣山 史 at 20:22Comments(0)北海道の歴史

2016年04月10日

厚田・当別の文人


◆厚田と当別の文人3人 ○河合裸石と子母澤寛 アウトドア・ライターで紀行作家の河合裸石は新潟に生まれた。岩見沢を経て厚田へ渡り、高等小学校を卒業後に代用教員となり、教え子に子母澤寛がいる。後に小樽新聞社、さらに北海タイムスへと移り、後半生は山岳スキー家として良く知られる。共著にバチュラーの「アイヌの炉辺物語」、著作に「蝦夷地は歌ふ」などがある。戦前の教科書にもなった「スキー夜話」では、『スキーが日本へ最初に持ち込まれる以前の明治26年頃 カムチャッカの出稼者が、ストー(先住民の歩くスキー)を持ち帰ってきて、僕はそれで遊んだ』と云っている。大正10年には「薩哈嗹新地図」を調製している。 子母澤寛は、明治25年2月1日に北海道石狩郡厚田に生まれ、祖父母に育てられた。祖父は彰義隊として箱館戦争で戦った生き残りで、異父弟には三岸好太郎がいる。読売新聞社会部に入った頃から手当たり次第に維新史料をあさるようになり、新選組や遊俠徒の調査研究に力を注ぐ。のちに東京日日新聞社(現毎日新聞)に移籍。股旅物の第一人者と云われて、「新撰組始末記」や「国定忠治」などが有名である。樺戸集治監で監守をしていた牧田重勝は、真心影流の達人であり、厚田神社の門前に直心館という道場を建てて、新選組幹部であった永倉新八が、この道場で教えたことがあり、幼少の子母澤寛も通っていたという。 ○我が一族ゆかりの弁華別小学校と本庄陸男 我が一族は、当別村の茂平沢に入いって神社を建設し、土巧組合を設立、公設渡船場を経営して部落長ほか公職は多数で、「移住者成績調査」にも紹介された当別村を代表する開拓成功者であった。しかし、第一次大戦後の農業不況と農民解放運動の盛り上がりに小作(子)たちが結託して仕込料や小作料を支払わず、親が差し押さえを喰らって大正13年には現在の紋別市上渚滑へと転出してしまった。大正・昭和と我が一族が教員をしていた昭和12年建築の弁華別小学校舎は、道内を代表する大規模木造校舎で美しく、このままいつまでも残っていて欲しい。校庭の二宮尊徳像は、戦時供出後に陶製となって再建されたものだと云う。 いっぽう本庄陸男家も営農をしながら小間物店を営み、地区部長など地域で活躍したが、大正2年の本道大凶作で売掛金が回収出来なく経営に行き詰り、同じく上渚滑へと転出した。陸男は、東京で教師となったが、プロレタリア活動に傾倒して、教師を免職されてしまい、後の小説「石狩川、1939年刊」では、当別村へ入って開墾に苦闘した伊達主従をモデルにを著わし、一躍脚光を浴びたが35才で早世した。 陸男の兄と私のオジはいっしょに働き、父が甥と知り合いで、私も同族と同じ職場で働いたことがあり、また、陸男の初期の作品「開墾地」は筆者一族が入殖した茂平沢を描いたものであろう。
第393号   厚田・当別の文人    北海道の歴史,北海道の文化,北海道文化財保護協会,http://turiyamafumi.kitaguni.tv/  

Posted by 釣山 史 at 11:13Comments(0)読書と北海道文学

2016年02月26日

もんべつ鉄道遺産



第392号   名寄線・渚滑線    北海道の歴史,北海道の文化,北海道文化財保護協会,http://turiyamafumi.kitaguni.tv/  

Posted by 釣山 史 at 19:08Comments(0)鉄の部屋(軌道・鉄道)