さぽろぐ

  文化・芸能・学術  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


2015年10月02日

聖徳太子信仰3


聖徳太子は、仏法を広めるための寺院建設のため、百済から多くの大工らを招いて高度な技術を導入し、また、日本最古の取水施設を建設したので、建築・土木・建具や家具ほか職人達の職能神となり、道路や治水の守神ともなった。これらがいわゆる「太子講」である。 滝上建設業協会が尊崇する太子宮/滝上神社 上川水力発電所の太子碑
第387号  太子信仰     北海道の歴史,北海道の文化,北海道文化財保護協会,http://turiyamafumi.kitaguni.tv/


同じカテゴリー(北海道の歴史)の記事画像
御真影奉安殿
青函連絡船概史
海の日は明治丸の歴史
マルキ号製パンの跡・補追
マルキ号製パンの跡
知床三堂例大祭
同じカテゴリー(北海道の歴史)の記事
 御真影奉安殿 (2017-07-22 05:50)
 青函連絡船概史 (2017-07-20 19:30)
 海の日は明治丸の歴史 (2017-07-17 06:34)
 マルキ号製パンの跡・補追 (2017-07-17 05:15)
 マルキ号製パンの跡 (2017-07-16 10:58)
 知床三堂例大祭 (2017-07-04 20:32)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
削除
聖徳太子信仰3
    コメント(0)