さぽろぐ

  文化・芸能・学術  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


2014年04月19日

抜海の小岩山

抜海岩陰遺跡(稚内市指定)
『抜海』とは《子を背負う・もの》の意。海岸から約2,500mにある抜海岩は高さ約30mの小山で、岩陰の海食小洞窟はオホーツク文化を中心とした続縄文文化、擦文文化にかけての遺跡。


第352回 抜海の遺跡      北海道の歴史,北海道の文化,北海道文化財保護協会,http://turiyamafumi.kitaguni.tv/

同じカテゴリー(北海道の歴史)の記事画像
月形町の神社にあった最古級の奉安殿
北海道の捕鯨業の嚆矢
寄鯨伝説と近年の漂着例
集落名に見る母村
マルキ号製パンの跡 2
御真影奉安殿
同じカテゴリー(北海道の歴史)の記事
 月形町の神社にあった最古級の奉安殿 (2017-08-13 06:50)
 北海道の捕鯨業の嚆矢 (2017-08-05 13:39)
 寄鯨伝説と近年の漂着例 (2017-07-26 20:40)
 集落名に見る母村 (2017-07-26 07:17)
 マルキ号製パンの跡 2 (2017-07-24 19:39)
 御真影奉安殿 (2017-07-22 05:50)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
削除
抜海の小岩山
    コメント(0)