さぽろぐ

  文化・芸能・学術  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


2013年07月19日

旧紋別駅の貨車移動機



















北見市SL広場

旧紋別駅の貨車移動機 この協三工業株式会社製のDB12型貨車移動機は、昭和50年に紋別駅構内の専用として配置され、遠洋・沖合漁業の最盛期に鮮魚の積み出しに活躍した。紋別駅ホームは3番線があり、貨物ホームへの貨物側線が2本あった。同57年には相内駅へと配置転換されて同59年に廃車となる。現在の士別駅が旧紋別駅と同じ設計だという。 大正10年 3月25日  国鉄名寄東線として開業する。 大正10年10月5日 全線開通し名寄線、その後名寄本線となる。 昭和43年10月1日 コンテナ基地となる。 昭和59年2月 1日 貨物と荷物の取扱いを廃止する。 平成元年5月1日 JR名寄本線が廃線となる。 昭和40年頃 昭和35年頃












































第357回 紋別駅の貨物用移動機      北海道の歴史,北海道の文化,北海道文化財保護協会,http://turiyamafumi.kitaguni.tv/

あなたにおススメの記事


同じカテゴリー(紋別の歴史)の記事画像
紋別の歴史巡り 2/13
紋別の歴史巡り 1/13
もんべつ沖揚音頭
寄鯨伝説と近年の漂着例
草鹿農場と軌道跡
住友鴻之舞鉱業所100周年
同じカテゴリー(紋別の歴史)の記事
 紋別の歴史巡り 2/13 (2017-10-12 20:55)
 紋別の歴史巡り 1/13 (2017-10-06 19:11)
 もんべつ沖揚音頭 (2017-09-10 20:11)
 寄鯨伝説と近年の漂着例 (2017-07-26 20:40)
 草鹿農場と軌道跡 (2017-07-18 07:04)
 住友鴻之舞鉱業所100周年 (2017-07-01 08:58)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
削除
旧紋別駅の貨車移動機
    コメント(0)