さぽろぐ

  文化・芸能・学術  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


2012年12月28日

奉安殿の建築基準






































現存する奉安殿の調査を重ねて数年、ほとんど知られていないのが、奉安殿の建築基準である。

 ①社殿(神社)造であってはならない。
 ②適当な通風孔を設けること。
 ③扉は2重にし、内扉は金網張りとすること。
 ④屋根は瓦やトタン葺の場合は、雨漏りがしないように下に柾を敷くこと。(つまり、瓦やトタンでなくても良い)

 最初期には、どのように造って良いかが分からず、後に①の指導によって改築されたものもあった。


第332回   奉安殿の建て方           北海道の歴史,北海道の文化,北海道文化財保護協会,http://turiyamafumi.kitaguni.tv/

あなたにおススメの記事


同じカテゴリー(戦時遺産(旧軍施設と戦時教育))の記事画像
二宮尊徳像と国家主義
御真影奉安殿
ゼロ戦のスペック三面図
教育勅語
御真影の廃止、奉還
北海道の御真影奉安殿
同じカテゴリー(戦時遺産(旧軍施設と戦時教育))の記事
 二宮尊徳像と国家主義 (2017-11-13 16:28)
 御真影奉安殿 (2017-07-22 05:50)
 ゼロ戦のスペック三面図 (2017-07-21 07:20)
 教育勅語 (2017-04-22 19:37)
 御真影の廃止、奉還 (2017-01-30 18:57)
 北海道の御真影奉安殿 (2016-09-09 08:00)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
削除
奉安殿の建築基準
    コメント(0)