さぽろぐ

  文化・芸能・学術  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


2012年11月28日

道史協の研修会2




















北海道史研究協議会の巡見 2/2 この10月14日に道史協は、空知管内を巡見しました。参加者は約30人。 ◆一木画伯の実家 滝川市で生まれた一木万寿三は、大正15年に上京して本格的に洋画を学び、昭和4年に帝展に初入選する。昭和19年に疎開のため帰郷し、その後は滝川と札幌を本拠とした。 江部乙の名産であるリンゴ園を営む実家の一木果樹園。 急勾配の三角屋根とギャンブレル屋根を連動させ、出窓がオシャレないわゆる昭和初期の文化住宅である。 ◆雨竜町農業資料室 明治22年に発足した『華族組合雨竜農場』を引き継いだ蜂須賀農場と戸田農場、町村農場の貴重な資料を残す。 右は、大正14年に蜂須賀農場内のアイヌ集落で撮られた記念写真。(下)ブリキのランドセル (左)明治41年10月13日に公布の戊申詔書 私の研究テーマ、戦時遺産の探索である。資料室には、『教育ニ関スル勅語』、『戊申詔書』、『国民精神作興ニ関スル詔書』がある。






















第327回   道史協に入ろう!!           北海道の歴史,北海道の文化,北海道文化財保護協会,http://turiyamafumi.kitaguni.tv/

あなたにおススメの記事


同じカテゴリー(北海道の文化)の記事画像
海の日は明治丸の歴史
知床三堂例大祭
北海道古地図の展示会
道史協の研修会1
第27回北方圏国際シンポジウム
北海道の博物館
同じカテゴリー(北海道の文化)の記事
 海の日は明治丸の歴史 (2017-07-17 06:34)
 知床三堂例大祭 (2017-07-04 20:32)
 北海道古地図の展示会 (2013-10-08 07:06)
 道史協の研修会1 (2012-11-25 08:44)
 第27回北方圏国際シンポジウム (2011-12-16 13:40)
 北海道の博物館 (2009-06-06 20:52)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
削除
道史協の研修会2
    コメント(0)