さぽろぐ

  文化・芸能・学術  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  
Posted by さぽろぐ運営事務局 at

2011年09月10日

道東北の歴史遺産⑤ 

北海道遺産・オホーツク沿岸の古代遺跡群②

 国史跡の常呂遺跡(北見市)と最寄貝塚(網走市) 最寄貝塚(下)/大正2年に発見され、謎の海洋民族とも呼ばれた大よそ1200年前のオホーツク人の遺跡で、モヨロ人とも呼ぶ。 常呂遺跡(上)/大正13年に発見された遺跡には、擦文・オホーツク文化期を中心とする2500を超える竪穴住居跡や墳墓の窪みがある。 祝北海道文化財保護協会50周年























平成23年10月22日(土)
 50周年記念講演 「正倉院宝物と光明皇后」
          講師 西山厚 奈良国立博物館学芸部長
 一般の方も聴講できます。


第272回 オホーツク人の里           北海道の歴史,北海道の文化,北海道文化財保護協会,http://turiyamafumi.kitaguni.tv/  

Posted by 釣山 史 at 08:00Comments(0)オホーツクの歴史